高勝率で複利運用との相性抜群「Panda-C_PRO_USDJPY_M15」

 

 

ランキング上位にマークしている
Panda-C_PRO_USDJPY_M15
略してPanda-Cを
もっとよく知りたい方のために
今回は

・ビジュアルバックテストでのトレード例

・複利運用でのパフォーマンスと設定について

をご案内したいと思います。

固定ロットでの
パフォーマンス分析は
以下の記事にて
推奨証拠金における
期待年利は20.62%
1.0ロット運用における
年間平均利益は+29.6万円とありました。

それを踏まえたうえで
より詳細を見ていきたい。

 

 

どんなトレードをするの?

ビジュアルバックテストで
トレード例を見てみましょう


▲青:BUY
高値切り上げ後の
押し目で買いを入れている。
最大保有ポジション数は2ですが
ほぼ同じタイミングで
2ポジション保有している。
2ポジションにすることで
TOTALでプラスになるよう
工夫されています。
ポジション数の変更はできません。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 


▲赤:売り
売りは直近安値を割って
下落トレンドに変わったあとに
うまく売りを入れていますね。
15分足にマッチした
順張りトレード。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 


▲こちらは損切した例ですが
セオリー的には
順張りするタイミングですから
負けるのも納得。
SLは最大で100pipsですが
ロジック決済をするため
平均すると-11pipsとなる。

トレードロジックは
15分足にマッチした
順張りトレードで
決済タイミングが早く
平均獲得Pipsは4.2pips。
獲得Pipsが少ないので
できるだけロットを大きくして
利益額を稼いでいきたいタイプになる。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

複利運用の推奨設定は?

さてPanda-Cには
固定ロット運用のほかに
複利運用機能もついている。
平均勝率88%
0.1ロットあたりの
最大DDが1.4万円
ということを考えると
口座資金に対して
ロットを大きく割り当てて
運用する複利運用が有利になってくる。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 

複利運用のタイプ


Panda-Cの
複利のパラメーターを見ると
MM利用時のベースマネーを
「残高」か「余剰証拠金」から
選択することができる。
1口座で複数の
EAを運用させている場合は
ベースマネーを
「余剰証拠金」とすると
他のEAの証拠金と
バッティングしません。
Risk値はちょっと変わっていて
ベースマネーに対する保有ロットの%。
例:100万円の口座残高だった場合
Risk2で0.2ロット保有する計算となります。

100万円で
0.2ロット保有した場合は
(4.52)2=18万円
がロット保有に拘束され
余剰証拠金は72万円になる。
最大SLが100Pipsなので
最悪4万円が含み損のリスクにさらされることになる。

72万円の余剰証拠金に対して
4万円は低いので
資金を遊ばせておくことになってしまいもったいないですね。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 

直近2年(2018~2019)でRisk5とRisk10で複利運用してみた比較


Risk5の場合
2年で利益+40万円
最大DDは3.28万円

Risk10の場合
2年で利益+96万円
最大DDは7.8万円

Risk10でも行けそうですが
含み損を考えると
100万円に対して
1.0ロット×2ですと
90万円が拘束され
余剰証拠金は10万円になってしまう。

そうすると含み損
(100pips*2)に
耐えられない可能性があるので
レバレッジ25倍ですと
Risk5~8くらいが妥当かもしれませんね。

強制ロスカットも辞さない
(9割の資金が残るから)という方は
Risk10でも良いかもしれません。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 

Risk8で複利運用を5年行ってみた結果


相対DD 7.7%(8.2万円)
純益+522万円と
5年で+522%増加となりました。

高勝率・低DDが魅力のPanda-C
ぜひスプレッドが低い
資金効率が高い
海外FX業者で複利運用していただきたいEAです。

Panda-C_PRO_USDJPY_M15公式ページはこちらから

 

 

海外FXで運用するならキャッシュバックサイトTariTali(タリタリ)を利用しないと損!

Panda-C_PRO_USDJPY_M15
低スプレッドの業者推奨!
海外FX業者だと
・AXIORY
・TitanFX
・Tradeview
ここが低スプレッドでオススメ!

また、海外FX口座で運用するなら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設して
いつも通り取引すると
取引するたびに
キャッシュバックが発生する。

Tradeviewスタンダード口座を
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設した場合
10万通貨取引するたびに
8.5ドル(850円)キャッシュバック!

仮に30個のEAで
ポートフォリオを組んでいて
各EAが1日1回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
な、なんと642.6万円!
※850円×30回×21日/月×12カ月

EA運用益だけでなく
キャッシュバック益も狙えて
ダブルでおいしい!
海外FX業者で運用するなら
キャッシュバックをもらえる
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設することをオススメします。

キャッシュバックが気になる方は
TariTali(タリタリ)登録は無料!
まずは無料登録から
スタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す