FXで取引すると
スプレッドの大小は
結果に大きな影響を与えます・・・

そこでこの記事では
海外FX業者のスプレッドを比較。
最狭ランキングを紹介します。

 

海外FXのスプレッドは広い

海外FXのスプレッドは
国内FX業者よりも
一般的に広いと言われいます。

国内FX並み~以下の
スプレッドを提供する
海外FX業者もいますが
その場合が『ECN口座』です。

 

スプレッドが狭いECN口座

『ECN口座』は
スプレッドを狭くして
取引手数料を徴収します。
スプレッドと合わせて
取引手数料を計算しても
総合的にお得になることが多いです。

海外FX業者で
スプレッドの狭い口座で
運用される方は
取引手数料分も
pipsに換算することが重要です。

それでは実際に
海外FXのスプレッドを
比較してみていきましょう。
ここでは主要な
海外FX業者の
スプレッドについて
確認していきます。

 

海外FX業者スプレッドを確認

●TitanFX

「TitanFX」の中で
スプレッドが狭いのが
「ブレード口座」です。
「ブレード口座」の
平均スプレッド
(取引手数料込み)

USDJPY
1.03pips

EURJPY
1.44pips

EURUSD
0.90pips

 

●TradeView

「Tradeview」の中で
スプレッドが狭い
「ILC口座」の
平均スプレッド
(取引手数料込み)

USDJPY
0.60pips

EURJPY
1.20pips

EURUSD
0.60pips

 

●XM.COM

「XM」の中で
スプレッドが狭い
「zero口座」の
平均スプレッド
(取引手数料込み)

USDJPY
1.10pips

EURJPY
1.60pips

EURUSD
1.10pips

 

各社の平均スプレッドを確認

平均スプレッドを
比較してます。

USDJPY

Tradeview
0.60pips

TitanFX
1.03pips

XM
1.10pips

 

EURJPY

Tradeview
1.20pips

TitanFX
1.44pips

XM
1.60pips

 

EURUSD

Tradeview
0.60pips

TitanFX
0.90pips

XM
1.10pips

このよう比較してみると
FX業者の中では
Tradeviewが提供している
「ILC口座」が
一番狭いのがわかります。
XMが提供している
「zero口座」は
比較的広いことが分かります。

 

ランキング順位でスプレッドが狭いのは

ランキングでいえば
「Tradeview」
「TitanFX」
「XM」
という順番になります。

スプレッドを重視される方は
XMを避けた方がいいでしょう。
海外FX業者の場合
NDD方式を採用しているので
変動スプレッドになるので
スプレッドが広がる時間帯で
活躍するような
『朝スキャEA』
の運用には注意が必要です。
ご注意くださいね!

 

キャッシュバックでスプレッドを狭くできます

キャッシュバックサイト経由で
新規・追加口座開設すると
普通にEA運用するだけで
キャッシュバック
現金収入を得ることができます。
有名なキャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)』だと
10万通貨(往復)取引で
下記のように
キャッシュバックがもらえます。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Tradeview 2USD

TitanFX 1.2USD

XM 4.5USD

 

キャッシュバックを利用すると実質スプレッドはどれだけになるのか?

Tradeview

Tradeviewだと
USDJPYのスプレッドが
0.60pipsになるので
TariTali(タリタリ)
から口座開設を行えば
2.0USDのキャッシュバックが
取引するたびに受け取れるので

0.6pips-0.20pips=0.40pips

実質スプレッドは
0.40pipsとなります。

 

TitanFX

TitanFXだと
USDJPYのスプレッドが
1.03pipsになるので
TariTali(タリタリ)
から口座開設を行えば
1.2USDのキャッシュバックが
取引するたびに受け取れるので

1.03pips-0.12pips=0.91pips

実質スプレッドは
0.91pipsとなります。

 

XM

XMだと
USDJPYのスプレッドが
1.10pipsになるので
TariTali(タリタリ)
から口座開設を行えば
4.0USDのキャッシュバックが
取引するたびに受け取れるので

1.10pips-0.40pips=0.70pips

実質スプレッドは
0.70pipsとなります。

このように
キャッシュバックを利用すると
実質スプレッドを
狭くできるのがわかります。
海外FX口座で運用するなら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
利用しないと
かなり損してしまいます。

 

口座縛りEAを使っててもキャッシュバックもらえます

最近流行っている
SNSなどで配っている
口座縛りEAだと
キャッシュバックを
受け取ることができない・・・
なんて思われている方いませんか?

口座縛りEAでも
キャッシュバックを
受け取ることできるんです。
それは取引をコピーさせる
コピーツールを利用すれば
キャッシュバックもらえます。

コピーツールを
上手に活用することで
キャッシュバックを
必ず手に入れてくださいね!
キャッシュバックは
もらわないと損します。
もらえるものは
もらっておきましょう!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

コメントを残す