もう記憶から薄れた
スイスフランの大暴騰。
あの時~大損した人達が多く
なかには3000万以上大損した人も・・・

いろいろと調べていくと
大損した人達に
共通点がありました。

 

【大損じた人達の共通点】
ネットで調べていると
大損した人たちには
共通点がありました。
それは~運用していたFX業者が
ゼロカット』を導入していなかった事です。

国内FX業者
一部の海外FX業者は
ゼロカットを導入していません。
ゼロカットを導入していない
FX業者で取引していた人達が
入金額以上の損失である
『追証』という借金を背負いました。

ゼロカットを導入していない
FX業者だと
パニック相場などで
入金額以上の損失が発生した場合
『追証』が発生します。
※追証=FX業者への借金です。

スイスパニックでは
ゼロカットなしの
FX業者で運用されていた方は
強制ロスカット→追証(借金)
この流れで
多くの人が
借金を背負いました。

ゼロカットを導入していた
FX業者で運用されていた方は
強制ロスカット→追証なし
口座に入っていた
資金だけ失っただけで
借金を背負うことがありませんでした。

このことから
ストップロス注文を入れていても
ゼロカットを導入していない
FX業者で運用している場合
追証=借金が発生するリスクがあるということです。

リーマンショック
為替介入
東北震災
スイスパニック
などなど
相場が急変→値が飛ぶ
ストップロス注文が
成立しないことがあります。
その場合は
ストップ注文を入れてたとしても
口座残高以上の損失になると
追証=借金が発生します。
ストップロスを入れているから
安心だと思っていませんか?
ストップロスは
普通の相場では安心ですが
パニック相場では・・・

数年に1度発生する
パニック相場。
ゼロカットを導入しているFX業者で
ストップロスを入れておくことが
自分の資産を守ることになります。
ゼロカット導入業者以外で
取引をやる時は
追証=借金
借金のリスクがある事も
理解しておいてくださいね!

 

ゼロカット採用海外FX業者
●FBS

レバレッジ3,000倍と超効率的資金運用可能
FBS詳細はこちらから

●XM

レバレッジ888倍で人気の海外FX業者
XM詳細はこちらから

●TitanFX

レバレッジ500倍で人気が高い海外FX業者
TitanFX詳細はこちらから

●HotForex

レバレッジ1000倍で人気の高い海外FX業者
HotForex詳細はこちらから

●AXIORY

日本語サポートがしっかりしたFX業者
AXIORY詳細はこちらから