TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは狭い?XMとの比較

 

 

海外FX業者のなかでも
・約定力が高い
・スプレッドが狭い
これらの評価を得ている
TitanFX(タイタンFX)ですが
実際比較するとどうなのでしょうか。

 

TitanFX(タイタンFX)のスプレッド

スプレッドとは
通貨ペアごとの
売値と買値の差額を示し
取引ごとに発生する変動制の取引手数料。
TitanFX(タイタンFX)など
海外FXのスプレッドは広いと言われている。
海外FXの中でもTitanFX(タイタンFX)は
スプレッドが狭いと言われ
取引コストを抑えられるとして
非常に評判が高いFX業者になる。

 

TitanFX(タイタンFX)スタンダード口座のスプレッド

TitanFX(タイタンFX)
スタンダード口座の
スプレッドは以下の通りになる

USDJPY:1.33 pips
EURUSD:1.20 pips
GBPUSD:1.57 pips

 

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをXMと比較

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを
人気の高いXMのスプレッドすると
どれぐらいの差があるかというと

USDJPY:2.0 pips⇒0.67pipsの差
EURUSD:1.9 pips⇒0.70pipsの差
GBPUSD:2.6 pips⇒1.03pipsの差

XMスタンダード口座は
TitanFX(タイタンFX)
スタンダード口座に比べて
0.6~1.05pips程度
スプレッドが広い結果になりました。

 

TariTali(タリタリ)を利用した実質スプレッド

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設すると
その口座での取引量に応じて
キャッシュバックをもらえる。
10万通貨で取引した場合
スタンダード口座で比較すると
TitanFX:4.675ドル(0.4675pips)
XM:8.5ドル(0.85pips)
これだけのキャッシュバックをもらえる。

このキャッシュバックを
スプレッドから差し引いたものが
実質スプレッドになる。
こちらをスタンダード口座で計算すると

TitanFX(タイタンFX)
USDJPY:1.33 pips⇒0.8625pips
EURUSD:1.20 pips⇒0.7325pips
GBPUSD:1.57 pips⇒1.1025pips

XM
USDJPY:2.0 pips⇒1.15pips
EURUSD:1.9 pips⇒1.05pips
GBPUSD:2.6 pips⇒1.75pips

実質スプレッドだと
TitanFX(タイタンFX)の方が
コスト的に低いのがわかる。
また、USDJPYやEURUSDは
1pips以下のコストになるので
非常に運用しやすいと判断できる。

コストを抑えられたのは
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用したからであり
これを利用しないと
コスト高になることから
海外FX業者で運用する場合は
必ず利用された方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

TitanFX(タイタンFX)
スタンダード口座のスプレッドは
負担が軽い傾向にあるだけでなく
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用すると
さらに軽くなるので
海外FX業者で運用するなら
絶対に利用された方が良い。
コストの負担を軽減されたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
TitanFX(タイタンFX)口座開設を
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す