海外FX業者で運用する方の多くは
『レバレッジ』に魅力を感じています。

レバレッジとは
少ない資金で
大きな取引をするために
必要なものになります。

レバレッジ1倍の場合
資金が1万円だとすると
購入できる通貨は
1万円のみとなります。
ここでレバレッジを利用すると

レバレッジ25倍(国内FX業者)
25万円

レバレッジ400倍(AXIORY)
400万円

レバレッジ500倍(TitanFX)
500万円

レバレッジ888倍(XM)
888万円

レバレッジ1000倍(HotForex)
1000万円

レバレッジ3000倍(FBS)
3000万円

レバレッジ3000倍で取引した場合
得た利益は3000万円の取引相当になり
少ない資金しかなくても
レバレッジを利用することで
大きな利益を狙えます。
※レバレッジ比較はこちらから

国内FX業者は
金融庁からの規制のため
レバレッジ25倍までになっており
(10倍になる可能性も・・・)
海外FXよりも
稼げるチャンスが低減します。
少額資金でも大きな利益を狙える
ハイレバレッジが海外FXの魅力です。

しかし
魅力的なハイレバレッジには
デメリットもあります。
相場が予測と逆に動くと
レバレッジ3000倍で取引している場合
3000倍のリスクを負うのです。
怖いところは
相場が急変すると
ロスカットが発動しないで
残高が一気にマイナスになることです。
国内FX業者の場合
このケースは
追証=FX業者への借金になりますが
海外FX業者の場合
損失を防いでくれる
ゼロカット方式を採用しているので
(一部業者では採用していません)
追証=FX業者への借金が発生しません。

ロスカットがあるから
借金は大げさだと思われている方がいますが
世界的な金融危機・事件で
急激な暴落・暴騰で
FX業者のロスカットが行なわれず
ロスカットが発生したころには
すでに数百万円の追証(借金)を背負うも・・・

多くの海外FX業者は
相場の急な変動で
ロスカットが行われないで
残高がマイナスになっても
追証が発生しないで
マイナスが0へリセットする
ゼロカット方式を採用しているので
国内FX業者よりも
安全な面があります。
参照記事:ゼロカットとは?トレーダーが安心できる仕組みです

国内FX業者で取引していると
暴落・暴騰で
残高がマイナス1000万円
追証請求の借金取り立てで
『期日までに1000万円払いなさい!』
なんてことがあるので
ご注意ください。

ゼロカットを採用している
海外FX業者だと
追証のリスクがないので
借金の心配をしないで
大きな取引をできるので
安心して取引できますね。