AXIORYは信託保全は一応あり

AXIORY5

AXIORYは
ベリーズライセンス保有業者ですが
信託保全制度はあります。
AXIORYではFxProと同様に
世界4大監査法人と呼ばれている
プライスウォーターハウスクーパース(以下PwC)に
第三者監査機関として入ってもらうことで
信託保全制度を導入しています。

第三者監査機関とは

第三者監査機関とは
顧客が証券会社に
資金を預け入れる際に
証券会社が
顧客資金を不正に流用していないか
どうかの監査を行う機関になります。
万が一証券会社が
倒産などの事態に陥った場合でも
顧客資金
は第三者監査機関が管理しているため
預け入れ資金は
監査会社が
顧客に分配などを行う
仕組みとなっております。

 

法的レベルの拘束力はない

キャッシュバック口座開設の注意点
海外FXにおいては
一般的に分別管理のみが
義務付けられており
法的レベルで保証がされている
ライセンスは
CySECライセンス(最大2万ユーロ)や
CIMAライセンス(最大3万5千ドル)
のみとなっております。
その他には
ASIC(オーストラリア)ライセンスや
FCA(イギリス)ライセンスなどの
ライセンスであれば保証はありますが
既に日本居住者の
口座開設は不可となっております。

 

あるかないかでは大きな違い

「法的レベルの拘束力がないのであればなくてもいい?」
と思われがちですが
あるかないかでは大きく違います。
外部監査法人が存在しない
分別管理では
証券会社は顧客資金を
どうにでも流用できます。
「資金の安全性」
という部分においては
外部に監査法人を立てることで
証券会社は
勝手に流用することができなくなるので
あるかないかでは大きく違います。

 

AXIORYの顧客資金の安全性はどちらかと言えば高い方

ダウンロード
法的レベルで保証されている
CySECライセンスと比較をすれば
見劣りする部分もありますが
世界4大監査法人の
一つと言われている
PwCが監査会社として入っていることにより
他のオフショアブローカーと比較しても
顧客資金の安全性は
どちらかと言えば
高い部類に入ります。
しかしながら
メガバンクなどのきちんとした
銀行系列の金融機関と比較すれば
見劣りする部分があることは
否めませんので
トレード用の資金のみを入金し
利益が出たら
トレード分以外の資金は
出金した方が安全性が高いです。
これは日本やアメリカなどを含め
どの国のブローカーを利用する場合でも
同じですが
証券会社はある程度
リスクを負って運営を行っているため
「絶対的に安全なブローカー」
というものは存在し得ません。

AXIORYで取引するなら
キャッシュバックサイトからの
口座開設なら
キャッシュバックがもらえるので
かなりお得です!
気になる方は
下記のキャッシュバック口座が
大手で安心できるので
ご覧になってください!

 

 

【オススメキャッシュバックサイト】
●FinalCashBack
古株キャッシュバックサイトで
口座開設できる海外FX業者が
ダントツに多いのが特徴です。
コピートレードというサービスをしており
MT4の取引を別のMT4にコピーさせることができます。
ネット経由になるので
タイムロスが発生しますが
口座縛りEAの取引も
コピーできるのが魅力です。
(道義的に問題がありますが・・・)

 

●FXRoyalCashBack
こちらもファイナルキャッシュバック同様
古株キャッシュバックサイトで
信頼性が高いです。
ファイナルキャッシュバックよりも
リベート率が高いものが多く
多くの方が利用されています。

 

●TariTali
キャッシュバック新興勢力です。
口座開設できる
海外FX口座は少ないですが
リベート率が高いのが特徴です。
キャッシュバックを
1円でも多くもらいたい方に最適です。
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)