TariTali(タリタリ)を利用するとスプレッドを縮めることができる

 

 

 

FXをしていると
必ずかかってくる『経費』
スプレッドになる。
手数料として
割り切っている方が多いが
この『経費』である
スプレッドを縮める方法がある。

この記事では
『経費』である
スプレッドを縮める方法を紹介する。

 

スプレッドを縮める方法は紹介者制度を利用する

多くの海外FX業者には
IBと呼ばれている
紹介者制度が存在する。

紹介者制度とは

取引をしてくれる人を
紹介してくれたら
取引量に応じて
紹介料をお支払いしますよ~

というものになる。
具体的には
紹介者制度専門サイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設した場合
XM・TradeViewスタンダード口座だと
10万通貨取引するたびに
0.85pipsキャッシュバック!

XMスタンダード口座だと
ドル円平均スプレッド2.0pips
キャッシュバック0.85pips
実質スプレッド1.15pips
※2.0pips-0.85pips

TradeViewスタンダード口座だと
ドル円平均スプレッド1.8pips
キャッシュバック0.85pips
実質スプレッド0.95pips
※1.8pips-0.85pips

キャッシュバックをもらうと
実質スプレッドを下げることができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

紹介者制度専門サイトTariTali(タリタリ)とは?

紹介者制度専門サイト
TariTali(タリタリ)
海外FX業者を対象にした
キャッシュバックサービス。

TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座を開設すると
その口座での取引量に応じて
キャッシュバック
現金をもらうことができる。

流れとしては
TariTali(タリタリ)が紹介者で
FX業者に登録されて
TariTali(タリタリ)
紹介報酬が支払われ
今度はTariTali(タリタリ)
キャッシュバックする。

FX業者の紹介者制度は
紹介した人数
取引量が多いほど
キャッシュバック額が高い。
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
大勢トレーダーが登録しており
高い紹介料をFX業者からもらい
高い紹介料から
キャッシュバックを高還元している。

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
登録者が非常に多いので
キャッシュバックが
他よりも高い!
1円でも多くの
キャッシュバック
現金を欲しい方は
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設しないと損!

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバック口座を
作ってない方は
無料登録からスタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TariTali(タリタリ)の無料登録は簡単

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

早速TariTaliに登録!
登録方法は簡単。

手順1
TariTali(タリタリ)
アカウントを作成する

手順2
TariTali(タリタリ)公式ページから
取引したい海外FXを開く

手順3
TariTali(タリタリ)画面から
海外FX口座開設する

手順5
TariTarli(タリタリ)ログイン。
「口座管理」から口座を登録する!

Taritali(タリタリ)からの
確認が終了してしまえば
キャッシュバック対応済。
取引すればするほど
キャッシュバックをもらえる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

すでに口座を持っていてもキャッシュバック口座を作れる

すでに海外FX業者で
口座をお持ちの方は
既存の口座と
TariTali(タリタリ)
紐づけすることは不可能。
ただ、TariTali(タリタリ)経由で
追加口座開設することで
キャッシュバック
現金をもらえるようになる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ TariTali(タリタリ)を利用しないと実質スプレッドを下げることができる

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
キャッシュバック口座を作ると
キャッシュバックを受けれて
これをスプレッド換算すると
XM・TradeViewスタンダード口座だと
0.85pipsも経費扱いの
スプレッドを下げることができる。

実質スプレッドを
少しでも下げたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設した方が
絶対にお得なので
無料登録からスタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す