スイングとスキャルロジック搭載「メカニカルシーケンサー」

スイングとスキャルロジック搭載
メカニカルシーケンサー

サクソバンク証券MT4性能評価試験 特別賞者Yossii & Kei 合作EA☆ EURUSD取引に特化し人間の操作では真似できないような特殊な取引方法を行うEAです★

 

フォワード

2019年7月~運用開始、
毎月プラスなのが魅力!
安定して利益を上げたい方におすすめ!

2019年 の獲得Pipsと損益

2020年の獲得pipsと損益

獲得Pips=損益とならないは
ロットが固定ではないためです。
初期ロット0.1設定の場合
相場の状況に応じて
0.14、0.21、0.32
とロットが増えて行きます。
フォワードにおいては
0.14までしか
ロットが増えていないため
あまりPipsと損益の
相関関係に差異がありません。

 

 

トレード例


ボラティリティを考慮した
逆指値による
スイングトレードと
スキャルピングが混ざったシステムです。
運用中は
このトレードが
スィングなのか
スキャルなのか
視覚的にわかるよう
テキストでの説明が入ります。

 

バックテスト分析


▲PF1.79、勝率59%、最大DD21万円
月平均利益 13,877円
年間平均利益16.6万円
平均獲得金額 6447円
平均損失金額 -5189円

となっています。

推奨証拠金は
基本的には0.1ロット固定で
片側4ポジションづつなのですが
たまに0.14、0.21、0.32と
ロット数を増やしていくため
最低60万円~余裕をもって
100万円程度あれば問題ないでしょう。


▲基本的には0.1ロットだが
次に0.14、たまに0.21
2018年に2回ほど
0.32ロットを持ったことがあった。
最大DDは2012年の20万円。

勝率約6割
ペイアウトレシオ1.25なので
ガツンと負けることもなく
淡々と利益を少しづつ
増やしていくタイプの
堅牢なEAです。

 

年別損益

2008、2010、2011年が
利益額が多いので
ボラティリティのある年のほうが
稼げるタイプのようです。
ただどのような相場の年でも
利益を残しているのが
素晴らしいですね。

 

月別損益

月別に見ても特に弱い月はなく
年間2~3回は
マイナスになる月がある感じです。

 

 

複数通貨ペアで運用可能、カスタマイズ性に富む

メカニカルシーケンサーは
複数通貨ペアでも運用が可能です。
4時間足での運用ということを考えると
1通貨ペアでは取引回数が
物足りないかもしれません。

 

GBPJPY、CADJPY、AUDUSD、EURUSDの4通貨ペアのポートフォリオの成績

4通貨同時運用の場合は
取引数は約3倍
利益は2倍になります。
最大DDも20万円程度と
1通貨ペアの時と変わらないため
取引するタイミングが
集中しなければ
資金効率よく運用できそうです。
また、総利益:総損失が
2:1により近くなり
さらに安定した運用が可能となります。

 

カスタマイズ可能なパラメーターが豊富

デフォルトパラメーターでも
堅牢な運用が可能ですが
パラメーターの変更で
更に自分好みに調整することができます。

スイングのみ、スキャルのみのON/OFF

総ポジション数の変更

ショートのみ、ロングのみ、MIX選択可

トレーリングストップの可否

エントリー条件のEMAやATRのパラメーター変更

など、カスタマイズが好きな方には
嬉しい機能がついています。

フォワード運用では
1通貨ペアでの運用のため
取引頻度が少なめ
ロット小さめなので
目立ちにくいですが
年間10-30%は
しっかり稼いでくれそうな
優れたEAではないでしょうか。

メカニカルシーケンサー
サクソバンク証券MT4性能評価試験 特別賞者Yossii & Kei 合作EA☆ EURUSD取引に特化し人間の操作では真似できないような特殊な取引方法を行うEAです★


TOMO

コメントを残す