勝率93.22%!
プロフィットファクター3.23!
損失を抑えて
利益を追求する超高勝率型EA
ゴールドハンド USDJPY

今回紹介するゴールドハンドUSDJPYは、損失を限りなく抑えた設計で、

93.22%という高勝率で取引を行う【USDJPY】専用EAです。

ゴールドハンド USDJPY
【勝率93.22%】市場から高確率で利益を取り出す安全型EA 設定が非常に簡単で初心者にもオススメ

損失を限りなく抑えた設計とは?

ゴールドハンドUSDJPYは、相場の「大きな価格変動の波」と「小さな価格変動の波」を監視することにより、値動きの方向性を正確に割り出します。「大きな波」と「小さな波」の両方を捉え、両方が一致するポイントでエントリーを行う。そうすることで、「大きな損失にあう可能性を最小限にとどめる」ことを可能としています。他にも複数のロジックを組み合わせることにより「優位性が高く」、「安定した収益を生み出していけるEA」となっているのが特徴です。

 

3.0を超える優秀すぎるプロフィットファクター

ゴールドハンドUSDJPYのプロフィットファクターは、短期でも長期でも3.0を上回る結果となっています。

プロフィットファクターとは、総利益が総損失の何倍かを表した数値のことです。

例えば総利益が100万円で総損失が50万円のEAがあった場合、プロフィットファクターは2.0となります。

一般的に1.5を超えれば優秀とされている中で3.0という数字には驚きです。

 

 

バックテスト

以下はバックテストのデータです。

計測期間は2013年1月2日~2019年8月21日となっております。

 

証券会社ごとの相性

証券会社ごとに様々な動作環境の違いというものがありますが、考えられる全ての環境で動作するように作っていますので、おそらくどこの証券会社でも動作可能です。

また、スプレッドが2.0pipsになっても問題なく利益が出るセッティングとなっていますので、スプレッドが高い証券会社にも対応しています。

海外FXキャッシュバックとも相性が良いですね!

 

同時に稼働をオススメするEA

ゴールドハンドUSDJPYはエントリー回数も多く、利益を上げやすいEAですが、エントリータイミングに適さない日には取引をしないこともあります。そのような時にエントリーをしてくれて利益を出してくれるEAがプラチナチケットUSDJPYという商品です。この2つのEAを同時に稼働することによってエントリーしない日を出来るだけ無くすことができます。

プラチナチケット USDJPY
【勝率90.56%】ゴールドハンドUSDJPYとあわせて使うと、稼げないタイミングが無くなる双子型EA 設定が非常に簡単で初心者にもオススメ

まとめ

2つのEAのフォワード結果を比べてみると、交互にトレードをしているのがよくわかるので是非チェックしてみてください。

ゴールドハンド USDJPY公式ページはこちらから

 

コメントを残す