スイスパニック発生で
国内口座
『追証』の阿鼻叫喚…

国内口座の安全性崩壊で
海外口座に
リスクヘッジの意味で
資金を移す方が増えました。

国内FX業者は
入金した証拠金以上の
『損失』が発生しないように
証拠金を上回る損失がでた場合
強制的にポジションを決済させ
取引を終了させる
『ロスカット』
を採用していますが
パニック相場が発生すると
国内業者の場合
ポジション決済できなく
ロスカットが執行されないで
ポジションが
証拠金残高を上回る損失を出して
証拠金残高がマイナスになり
事実上の借金である
『追証』が発生しました。

スイスパニック以前は
ロスカットされるから
『追証』なんて発生しないよ!
なんて考えていましたが
スイスパニック後にあったのは
空爆後の焼け野原・地獄絵図
『追証』の嵐でした。

国内業者では
『追証=借金』が発生する可能性があり
国内業者だけでは
リスクヘッジにならないと考えました。

全てではありませんが
海外FX業者では

『追証ゼロ』

『ゼロカット』

が搭載されています。
これは文字通り
追証がゼロになるというものです。
相場がどんなに
急激に変動したとしても
確実に決済処理が行われて
証拠金残高がマイナスにならない
借金を負わないという事です。

それなら

『国内業者のロスカットも同じでは?』

と思うかもしれませんが
追証ゼロ
ゼロカットのすごいところは
どんな変動でも
確実にゼロになる事です!

スイスショックのような
パニック相場
変動が起きても
ゼロカットされます。
国内業者が
ゼロカットを採用していれば
スイスパニックのような
追証による
『阿鼻叫喚』
が起きなかったと思います。
入金・出金の便利さ
税金の優遇面はありますが
変動リスクの事を考えると
ゼロカットで
すべて補ってくれる
海外業者への
資産比率を高める事が
リスクヘッジに繋がります。

 

ゼロカット採用海外FX業者
●FBS(ゼロカット採用)

レバレッジ3,000倍と超効率的資金運用可能
FBS詳細はこちらから

●XM(ゼロカット採用)

レバレッジ888倍で人気の海外FX業者
XM詳細はこちらから

●TitanFX(ゼロカット採用)

レバレッジ500倍で人気が高い海外FX業者
TitanFX詳細はこちらから

●HotForex(ゼロカット採用)

レバレッジ1000倍で人気の高い海外FX業者
HotForex詳細はこちらから

●AXIORY(ゼロカット採用)

レバレッジ400倍で人気の海外FX業者
AXIORY詳細はこちらから