高レバレッジなら少額資金でも大きな取引ができ チャンスを掴める可能性が高まります

FXの最大の魅力は
証拠金を元として
FX業者が採用している
レバレッジを効かせることで
証拠金以上~何倍もの金額で取引でき
売買差益を得れることになる。
海外FX業者の場合
平均レバレッジ400~500倍なので
法的な規制がある国内FX業者の
レバレッジ25倍と比較すると
少額資金で大きな取引ができるので
国内FX業者から海外FX業者へと
乗り換えされている方が多くなっている。

国内・海外FX業者取引金額の違い

レバレッジが違うと
どれだけ取引金額が違ってくるのか
10万円を例にしてみると

国内FX業者のレバレッジ25倍
→ 250万円の取引が可能

海外FX業者のレバレッジ400倍
→ 4,000万円の取引が可能

レバレッジが高いと
少額資金でも大きな取引ができる。
また、取引金額が大きくなると
利益が大きくなる可能性もある。
高レバレッジなら
少額資金でも大きな取引ができ
チャンスを掴める可能性が高まります。

高レバレッジ海外FX業者のまとめサイト TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

100万円分のポジションを持つ場合の投資資金の違い

国内FX口座は規制で
最大レバレッジ25倍ですが
海外FX口座に関しては
このような規制がありません。
海外FX業者で人気ナンバーワン
XMスタンダード口座の場合
888倍の高レバレッジで取引できる。

100万円分のポジションも持つ場合

レバレッジ25倍の国内FX業者
4万円

レバレッジ888倍のXMスタンダード口座
1,127円

海外FX口座の方が
国内FX口座に比べて
資金効率が高いことになり
柔軟な取引をすることが可能。

「高レバレッジだとリスクが高くなる」
とお考えの方も多いのですが
高レバレッジで取引ということは
少ない証拠金で済むということ。
大きな取引をして負けたとしても
少ない資金だけの損失に抑えることができる。

また、投資資金を増やすことなく
大きな取引ができる海外FX業者。
レバレッジが高い方が
あまり値動きがない時でも
大きな金額で取引できることから
大きな利益を残せる可能性があります。

本来なら資金を増やさないと
取引量を増やすことができませんが
高レバレッジを活用することで
資金をそのままにして
取引量を増やすことが可能になり
資金効率が格段に高くなるのが
ご理解頂けたかと思います。

高レバレッジ海外FX業者のまとめサイト TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

まとめ

平均レバレッジ400~500倍の
海外FX業者で運用する場合
国内FX業者と比較すると
資金効率が高まるのがご理解頂けたかと思います。
少額資金で大きな取引されたい方は
海外FX業者での運用を
ご検討されてみてはどうでしょうか?

高レバレッジ海外FX業者のまとめサイト TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す