もう忘れていませんか?スイスフランショック

2015年1月15日に
スイスフランショックが発生。
スイスフランが急変動しました。
スイスフラン絡み通貨が
5分で1,600pips
20分で3,700pipsも動きました。

 

国内FX業者で借金を背負った方続出

このように歴史的な急変動だと
国内FX業者で運用されていた方は
ロスカットが発動せず
証拠金以上の大きな損失になってしまい
多くの投資家が追証(借金)を負うことに・・・

ネット検索をすると
数千万円の借金をされた方も・・・
追証になった証拠金は
FX業者に証拠金を入金して
借金を返済しないといけません。

日本の場合だと
損失補てんを禁止しているので
これらの追証に関しては
トレーダーが負担しないといけません。
FX業者のシステムが
値動きに追い付くことができず
ロスカットが間に合わないのを
全てトレーダーが負担しなければいけない
追証(借金)
損失補填が法律で認められていないので
全責任はトレーダーが負うことになるので
本当に危険です。
お金を増やす目的で
少額でスタートしたつもりが
投資資金以上の借金を背負うリスクがあるのは・・・
国内FX業者で運用される場合は
このようなリスクがあることを
認識しておいてください。

ゼロカットを採用している海外FX業者だとリスクが少ない

ゼロカットを採用している
XMなどの海外FX業者だと
スイスフランショックのような
歴史的な急騰急落で
証拠金以上の損失になったとしても
これをゼロにしてくれるので
追証(借金)が発生しません。

ゼロカットを採用して
トレーダーを守る海外FX業者と
国内FX業者を守るための
追証(借金)という理不尽なシステム・・・
どっちで運用した方がリスクが少ないのか
明白かと思います。

スイスフランショック
チャイナショックなど
歴史的な急騰急落になるのは少ないですが
もしもの時の『安心』のために
ゼロカットを採用していて
追証(借金)がない
XMなどの海外FX業者で運用されてみてはどうでしょうか?

まとめ

ゼロカットは
国内FX業者で運用する場合の
追証(借金)リスクから
投資家を守ってくれる
非常にありがたい制度になる。

数年に一度発生する
○○ショックから
資産を守るためには
借金するリスクがある国内FXより
借金するリスクがない
XMを含めたゼロカット採用の
海外FX業者の方が非常に安心・安全。

このことを理解されながら
・国内FX
・ゼロカット採用海外FX
どちらで運用するかを
真剣にご検討されてみてはどうでしょうか?

ボーナスがもらえるXM直接口座開設はこちらから

キャッシュバックをもらえるTariTali(タリタリ)経由XM口座開設はこちらから


TOMO

コメントを残す