呑み 投資家の損失が業者の利益

「投資家の損失が業者の利益」
このようなケースの場合
業者は最終的に投資家を負けさせる。
ルールを決めている業者と勝負をして
最終的に勝てる投資家はいません。

業者の穴をついて取引しても
呑み行為を行っている場合
業者は「不正な取引」という扱いをし
・出金拒否
・取引取り消し
このような理由を付けてきて
投資家を最終的に負けるようにします。
ルールを決めているのが業者である以上
争いになったとしても
投資家が業者に勝つことはできません。
業者は人件費、運営費などを賄う為に
お金が必要になってきます。
投資家が負けることで業者が儲かる仕組みだと
会社を倒産させないために
勝つ投資家がいた場合
運営自体が難しくなってきます。
その為『呑む』行為が発生して
投資家が結果的に損をする仕組みになっています。

 

スキャルピングが禁止されていると呑みをしている可能性が・・・

呑み業者の場合
DD方式を採用して
スキャルピングは禁止!
デイトレード以上は
独自のレートで損切りをさせて
強い投資家が残らないようにして
業者の利益を残すようにしています。

 

FXの2種類の取引方法

トレーダーの取引に
FX業者が介入するDD方式。
トレーダーの取引に
FX業者が一切介入しないNDD方式
簡単に説明すると
2種類の取引方法になる。

 

DD(OTC)方式とは

DD(OTC)方式とは
国内FX業者の多くが採用。
トレーダーの注文を
どのように処理をしたかを
公開する必要がないので
トレーダーの注文を
業者の都合の良いように
処理することができる。

 

DD方式のメリット

DD方式のメリットは
スプレッドが狭いこと。
スプレッドで
利益を出してるのではなく
トレーダーの注文を
コントロールすることで
利益を上げているので
スプレッドを狭くできる。

 

DD方式のデメリット

DD方式では
トレーダーの注文を
どう処理したかを
開示する必要がないため
故意的に値を動かし
トレーダーを負けさせて
FX業者が利益を得る
呑み行為をできる環境にある。

 

代表的なDD方式の呑み行為

ストップ狩り

ストップ狩りとは
トレーダーの不利になるよう
FX業者側が値をコントロールする。
FX業者が損切り価格まで
値を故意に変動させ
トレーダーを負けさせる。
トレーダーが損すると
FX業者が得をする
利益相反関係にあるので
故意のストップ狩りにあうことがある。

 

不利なスリッページ

スリッページとは
相場の変動等で
注文時の指定レートと
約定するレートとの間に
誤差が起こること。
基本的にどの業者でも
多少のスリップページは
発生してしまいますが
DD方式のFX業者では
トレーダーに不利になるよう
スリップページが発生することも・・・
ネットを調べると
DD方式のFX業者では
トレーダーが損する
スリップページが発生したという内容が・・・
DD方式だと
トレード情報開示しないので
スリップページの
証拠をつかむのが難しい・・・

 

故意のレート変更

DD方式では
トレーダーの注文を
どのように処理したかを
情報開示する必要がないので
故意的にレートを変更することも・・・
レートを変更しても
DD方式のFX業者だと
証拠が残らないために
不利になるよう
値を動かせてしまう。
大半のFX業者は
このようなことはないが
ネットを調べると
DD方式採用FX業者の
故意のレート変更情報がでてくる・・・

 

故意のリクオート

リクオートとは
約定されない現象のこと。
経済指数などの発表時には
注文がずれてしまい
リクオートが起こることもある。
ただ、DD方式のFX業者では
故意に不利のリクオートで
トレーダーを負けさせている噂が・・・
ネットを調べると
故意のリクオートの情報がでてくる・・・

 

故意のシステムダウン

重要指標時など
アクセスが膨大な時に
システムダウンが
発生することがある。
ただ、DD方式のFX業者では
故意的なシステムダウンで
トレーダーを負けさせることも・・・
システムダウンで
膨大な損失を負っても
ゼロカットを採用していないと
損失が補填されないので注意。
※法律の絡みがあり
国内FX業者はゼロカットを採用していません・・・

 

NDD方式とは

NDD方式は
FXトレードの中で
最も透明性の高い取引方式。
トレーダーの全ての注文は
インターンバンク決済される。

FX業者の存在は
取引情報を仲介するだけ。
FX業者の利益は
トレーダーが取引する
スプレッド・取引手数料だけ。
そのためにスプレッドが高くなる。

 

NDD方式メリット

NDD方式は
トレーダーが負けることで
FX業者が儲かるのではないので
トレーダーとFX業者の
利益相反にならないので

DD方式のような

・ストップ狩り
・不利なスリッページ
・故意のレート変更
・故意のリクオート
・故意のシステムダウン
これのことが発生しない。

このことから
NDD方式は透明性が高く
安心して取引できる。

 

NDD方式のデメリット

NDD方式のデメリットは
スプレッドが広いということ。
NDD方式において
FX業者の利益になるのは
スプレッドのみ。
会社運営のためには
スプレッドから
利益を得ないといけないので
スプレッドが広い業者が多い。

 

スプレッド重視ならDD方式・透明性重視ならNDD方式

NDD方式・DD方式の違いを
説明してきました。

NDD方式
FX業者が介入せず
インターバンクと
直接取引ができる
透明性の高い取引方法。

DD方式
FX業者が介入して
故意にトレーダーが
不利益になることができ
透明性に疑問が残る。

スプレッドは
NDD方式が広く
DD方式が狭いので
透明性を重視されるなら
NDD方式採用FX業者

透明性に関してはどうでもよく
スプレッドだけ重視なら
DD方式採用FX業者

このように使い分けるといい!
口座選びは重要なので
NDD・DD方式を理解してから
口座開設するようにしてくださいね。

 

NDD方式でスプレッドにこだわるならTariTali(タリタリ)

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

NDD方式で
スプレッドにこだわるなら
キャッシュバック
を利用すると
実質スプレッドを
狭くすることができる
TariTali(タリタリ)
利用するようにした方いい。

XMを利用すると
USDJPYのスプレッドが
1.1pipsだった場合
TariTali(タリタリ)経由で
ゼロ口座開設を行えば
4.5USDのキャッシュバックが
取引するたびにもらえます。

1.1-0.45=0.65pips

実質スプレッドは
0.65pipsになります。
NDD方式が気になるけど
スプレッドが・・・
なんていう方は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
新規・追加口座開設して
スプレッドを下げることを
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す