GEMFOREXノースプレッド口座は低スプレッドだけど・・・

 

 

GEMFOREXノースプレッド口座は
スプレッドが狭いので
非常に重宝する。
優秀なスペックを持つ
GEMFOREXノースプレッド口座ですが
いくつかの制約もあるので
最後までチェックしてくださいね。

 

GEMFOREXのTariTali(タリタリ)キャッシュバック

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設~その口座で取引すると
キャッシュバックをもらうことができる。

オールインワン口座
0.8pips

ノースプレッド口座
0.08pips

ノースプレッド口座は
スプレッドが狭いのに
このキャッシュバックをもらうと
実質スプレッドを下げれるので
コストを重視される方は
TariTali(タリタリ)をご利用してくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

GEMFOREXのノースプレッド口座・オールインワン口座比較

GEMFOREXの標準的な口座である
オールインワン口座と比較してみましょう。

スプレッド
ノースプレッド口座
0.3pips

オールインワン口座
1.2pips

最低入金額
ノースプレッド口座
30万円

オールインワン口座
100円

自動売買の利用
ノースプレッド口座
×

オールインワン口座

ノースプレッドは
スプレッドが狭いのですが
・自動売買で運用できない
・ボーナスがない
・最低入金額30万円必要
などのデメリットがある。
スプレッドの狭さは海外FX随一で
国内FXと変わらない水準。
裁量トレードで取引回数が多い方に
適した口座と判断できる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

ノースプレッド口座のメリット

GEMFOREXノースプレッド口座には
以下の2点のメリットがある。

 

狭いスプレッド

スプレッドが圧倒的に狭く
非常に優位性が高い取引ができる。

国内FX業者並みの
狭いスプレッド!
スキャルピングなど
取引回数が多い方にとっては
非常にありがたいですね。

また、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
GEMFOREXノースプレッド口座開設して
その口座で取引するたびに
0.08pipsキャッシュバック!
(オールインワン口座 0.8pips)
ドル円スプレッドが0.3pipsなので
キャッシュバックをもらうと
実質スプレッド0.292pips
(0.3pips-0.08pips=0.292pips)
取引コスト・スプレッドを
さらに狭くすることができるので
絶対にご利用するようにしてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

最大レバレッジが1000倍で取引手数料も無料

GEMFOREXノースプレッド口座の
最大レバレッジは1000倍。
他の海外FXと比較しても
かなり大きなレバレッジですね。
しかも、取引手数料が無料!
取引コストを抑えながら
資金効率が高い取引ができるので
取引回数が多い方などに
非常に有利な取引をできる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

GEMFOREXノースプレッド口座デメリット

GEMFOREXノースプレッド口座のデメリットは
以下の通りになる。

 

ボーナス対象外

GEMFOREXノースプレッド口座は
ボーナスキャンペーンの対象外。
GEMFOREXの大きな特徴である
ボーナスが利用できないということは
そこそこの投資資金が必要になる。
ただ、TariTali(タリタリ)経由で
ノースプレッド口座開設して
その口座で取引するたびに
キャッシュバックをもらえるので
ボーナスが無くてもカバーできる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

初回最低入金額30万円~

GEMFOREXノースプレッド口座では
最低入金額として30万円必要。
他の海外FX業者と比較すると
やや高めな入金額に設定されている。
これをクリアできない方は
最低入金額100円から可能な
オールインワン口座を利用した方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

自動売買を利用できない

GEMFOREXノースプレッド口座では
自動売買を利用できない。
システムトレーダーの方は利用できないので
自動売買したい方は
オールインワン口座を利用してくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

ノースプレッド口座は
下記の方に適している
・30万円の初回入金ができる方
・資金効率が高い取引をしたい方
・裁量トレードがしたい方

スプレッドの狭さを求める方は
一度試してみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す