FXGT レバレッジ・口座種類・キャッシュバック等特徴

 

 

海外FX業者であるFXGTは
キプロスを本拠地とするFX業者で
2018年から運営をはじめた
仮想通貨FX取引所であるCryptoGTが
セーシェルで金融ライセンスを取得し
新たにはじめた日本円でも入金できる
最大レバレッジ500倍のFX業者になる。

 

FXGTのTariTali(タリタリ)キャッシュバック

TariTali(タリタリ)経由で
FXGTで口座開設すると
取引するたびにキャッシュバック発生。
下記が10万通貨当たりの報酬になる。

・メジャー通貨ペア 8.8USD
・マイナー通貨ペア 発生した手数料の32%
・仮想通貨 発生した手数料の16%
・その他 発生した手数料の16%

千通貨、1万通貨の場合だと
金額は応分にキャッシュバックは縮小する。
FXGTの方針により
ポジションを取得してから
1分以内の決済した場合と
ボーナスを原資とした取引は
キャッシュバック対象外になる。

直接口座開設すると
キャッシュバックはもらえませんが
TariTali(タリタリ)経由で
FXGT口座開設すると
キャッシュバックが発生するので
気になる方は
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設するようにしてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

FXGTの詳細

FXGTは2019年12月16日に始まった
新しい海外FX業者になる。
元々仮想通貨FXの取引業者として有名な
CryptoGTの運営会社が新設して
海外FX取引所となっているのが大きな特徴。
また、スマホからの利用を意識し
PCがなくても使い勝手がよいのも
後発事業者としての大きな魅力といえる。

あらゆる操作が簡便化されており
非常に使い勝手がいいというのが
口座開設してみての印象となっている。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

FXGTの概要

FXGTの概要は以下の通り。

FXGTの特徴

非常に短時間で登録
口座開設ができるのが
FXGTの魅力になる。
本人確認書類は出金までにそろえればOK。
スマホだけでもすぐにトレードを始められる。
登録に関しては
・メールアドレス
・パスワード
で簡単に実施可能ですが
登録から15日以内に
本人確認の書類をアップする必要がある。

また、口座は90日間トレードせずに
入金も行わないと
休眠口座となりますので
サポートデスクに連絡して
再開する必要がある。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

口座タイプ

口座タイプは
現在のところ1つだけで
いわゆる入金ボーナスあり
スプレッド取引手数料を込み。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

レバレッジは最大500倍

最大レバレッジ500倍となりますが
取引量が多くなると
レバレッジが低くなる
変動式を採用しているので
注意が必要になる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引口座は円建て可能

取引口座は円建てで開けるので
為替の両替で余分なコストが発生しない。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引単位

1ロットは10万通貨となりますが
0.01ロット、1000通貨から取引が可能。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

最低預け入れ金

最低預入金は5ドル
日本円で500円相当なので
気軽に取引できるのが特徴となる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引コスト

取引手数料は
スプレッドに含まれているので
別途コストはかかりません。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引プラットフォーム

現状では取引プラットフォームは
PCもスマートフォンでも
MT5だけしかない。
EAを利用した自動売買の場合は
MT4が主流になることから
EAでの運用は現段階ではオススメできない。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

ゼロカットシステム導入済み

FXGTでは
海外FXの大きな魅力となる
ゼロカットがあらかじめ実装済み。
証拠金を超えた損失を負担する必要はなく
ハイレバレッジを安心して利用することができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引方法・EA等についての規制

取引方法については
スキャルピングやEAの利用は制限されていない。
ただ、EAについては
MT5で稼働するものが限られているので
あまりオススメすることはできない。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

証拠金管理

証拠金は分別管理となる。


FXGTでは資産をお守るために
最大1,000,000ユーロを補償する
FXブローカー向け賠償責任保険契約を締結している。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

入出金について

FXGTについては
入金や出金に他社とは異なる特徴がある。
まず会員ページの中の
eWalletsに入金をする。
このeWalles内では法定通貨
(日本円、ドル、ユーロ)に加えて
仮想通貨4種
(Bitcoin、Ethereum、Ripple、Tether)
から入金が可能となります。
具体的に入金と出金にわけて
その概要は下記の通りになる。

 

入金

入金に関しては
海外銀行送金・bitwallet
仮想通貨取引所を通じて
主要仮想通貨による送金が可能。
基本的にCyproGTの
プラットフォームを流用していると思われ
仮想通貨の入金が非常に充実しているのが
大きな特徴といえる。

 

海外銀行送金

海外銀行送金は
サイト上で表示される口座に
海外送金すれば
数日で着金させることが可能。
但し、受け取り手数料は
FXGTが負担してくれるものの
送金の手数料は自己負担となるので
注意が必要になる。

 

bitwallet

国内からの入金で現実的なのが
bitwalletの利用となる。
bitwalletへの入金コストは
個人負担となるが
bitwalletからFXGTへの入金コストは
同社の負担となる。

 

クレジットカード

クレジットカードを利用すると
カードによっては
4%から5%の手数料がかかる。

 

仮想通貨取引所からの送金

FXGTの最大の売りとなっているのが
仮想通貨取引所から
主要な仮想通貨で入金できるサービス。
手数料はトランザクション料だけで
送金時間は取引所次第ですが
数分から数時間で着金となり
24時間対応してくれるので
非常に便利になる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

出金

出金については
入金と同じソリューションが利用可能。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

日本語サポートデスク

FXGTの日本語サポートは
ライブチャットとEメールが利用可能。
サポートデスク稼働時間中は
数分でリアルタイムのチャットで
コミュニケーションをとることが可能。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

まとめ

FXGTはFXと仮想通貨の
ハイブリッド取引業者として
国内個人投資家にとって
かなり使いやすいサービスを提供。
後発業者になることから
使いやすさというものを
非常に重視しているので
これからさらにサービスが進化しそう。

また、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
FXGT口座開設すると
取引するたびに
取引量に応じて報酬がもらえるので
FXGTで運用するなら
キャッシュバックがもらえる
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設することをオススメします。
直接口座開設だと報酬が発生しないので
キャッシュバックが気になる方は
TariTali(タリタリ)ご登録から
スタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 


TOMO

コメントを残す