XMはスキャルピングに向いてる?を解説

 

XMはゼロカット採用しているので
国内FX業者と違い『追証なし』
借金することがないので
安心して取引できるFX業者になる。
また、最大レバレッジ888倍で
少額資金で大胆な取引をすることができる。

その高いレバレッジは
『スキャルピングと相性が良いのでは?』
とお考えの人もいるのではないでしょうか。

一般的には
『XMはスキャルピングに不向き・・・』
そのような評判がありますが
本当なのでしょうか?

この記事では
XMのスキャルピングについて
分かりやすく解説する。

 

XMはスキャルピングを禁止している?

XMでは
スキャルピングを禁止していない。
FX業者のなかには
スキャルピングを禁止するところもあるが
XMは公式に認めているので
スキャルピングが可能。

ただし、取引サーバーに
過度に負担をかけるような
EAを使った超高頻度取引は
不正行為とみなされる可能性がある。

これはXMだけではなく
ほぼ全てのFX業者に可能性があるので
ここは注意が必要になる。

XM公式ページはこちらから

 

XMでのスキャルピングは不利

XMはスキャルピングに向いていない

一般的に不利だと噂がある。
これは部分的に事実になる。
XMは他のFX業者と比較すると
スプレッドがやや広い・・・
売買を繰り返して
ちいさな利益を積み重ねる
スキャルピングにおいて
スプレッドの広さは致命的。
XMのスプレッドの広さは
明らかに不利と判断できる。
ただ、これはスプレッドが高い
XMスタンダード口座の話になる。

XM公式ページはこちらから

 

XMのスタンダード口座はスプレッドが広い

XMスタンダード口座は
海外FX業者の中でも
スプレッドが広いので有名。
その理由としては
XMにはスプレッドの広さを解消できる
手厚いボーナスがあるから。
また、ボーナスがいらない方は
手厚いキャッシュバックがあるから。
このようなことから
XMスタンダード口座はスプレッドが広い。

XM公式ページはこちらから

 

XMがスキャルピングに向いていないストップレベル

XMスタンダード口座が
スキャルピングに向いていないのは
スプレッドの広いからだけではない。
その理由の中にあるのが
ストップレベルの広さも要因になる。

ストップレベルとは
市場価格値に対して
『最低限これだけ乖離していなと注文ができませんよ!』
という値になる。

XMスタンダード口座の
USDJPYのストップレベルは
4pips離れた値でしか
指値を入れることができないので
小さな値幅で利益を取る
スキャルピングには不向きと判断できる。

このストップレベルは
FX業者によって異なり
スキャルピングに適したFX業者だと
ストップレベルがゼロを提供しており
そのことから考察すると
XMスタンダード口座は
やはり不利であることは否めない。

XM公式ページはこちらから

 

XMスタンダード口座よりゼロ口座の方がスキャルピングに向いている

XMでスキャルピングをするのであれば
スタンダード口座ではなく
ゼロ口座の方が断然良い。

ゼロ口座の大きな特徴は
10万通貨で運用した場合
手数料片道5ドルが必要になりますが
スプレッドをゼロに近い価格で提供。
取引回数が多くなりがち
スキャルピングにおいて
非常に有利な条件えお提供してくれる。

ゼロ口座ボーナス適用外なので
見劣りはするのですが
XMでスキャルピングをするなら
ゼロ口座を使ったほうが良い。

XM公式ページはこちらから

 

XMゼロ口座のドル円実質スプレッド

XMゼロ口座ですが
①平均スプレッド0.4pips
②往復取引片道5ドル(0.5pips相当)
③実質スプレッド片道①+②=0.9pips

上記の通り、XMのかなで
スキャルピングに適している
ゼロ口座を利用した場合だと
実質スプレッド0.9pipsで利用できる。

XM公式ページはこちらから

 

実質スプレッドを下げることができるキャッシュバック

XMゼロ口座の場合
実質スプレッド(片道)
0.9pipsになりますが
これを下げる方法がある。

その方法とは
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMゼロ口座開設することだ。
TariTali(タリタリ)経由で口座開設すると
10万通貨当たり(往復)
4.5ドル(0.45pips)キャッシュバック。
※片道相当2.25ドル(0.225pips)

①実質スプレッド(片道)0.9pips
②キャッシュバック(片道)0.225pips
このような関係になり
①-②=0.675pipsが
キャッシュバックを含めた
最終的実質スプレッドになるので
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用すると
かなり縮められることになる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

10万通貨で1日10回取引した場合の年間キャッシュバック

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
ボーナスがないゼロ口座開設して
10万通貨で1日10回取引した場合
1ドルを100円で計算すると

1日 4,500円(450円×10回)

月間 94,500円(450円×10回×21日)

年間 1,134,000円(450円×10回×21日×12カ月)

年間113.4万円キャッシュバックになる。
取引量が多い方の場合は
絶対に利用した方が良いサービス。
XMゼロ口座で運用するなら
キャッシュバックをもらうと
最終的に残るお金が多くなるので
TariTali(タリタリ)
絶対にご利用検討してくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

XMでスキャルピングをするなら

XMをスキャルピングするのなら
ストップレベルを考慮すると
ポンド等の値動きの大きい通貨を利用した方が良い。

ストップレベルが広くても
それ以上に値動きがあれば
利益を出すことも可能になる。

XMには数十種類もの
通貨ペアがあることから
値動きの高い通貨を選べば
スキャルピングでも
利益を狙える可能性が高い。
このような対策を行うことで
XMで利益を残せる可能性が高まる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

まとめ

XMでスキャルピングするなら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
ゼロ口座開設をして
キャッシュバックを含めた
実質スプレッドを下げることで
利益を残せる可能性が高まる。

XMでスキャピングをするなら
・ゼロ口座
・TariTali(タリタリ)
このコンビは必須ですね。
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す