XMの手数料はどうなの?を解説

XMは最大レバレッジ888倍で
ハイリターンな取引ができるが
追証(借金)リスクがないので
日本人に人気のある海外FX業者になる。

888倍のレバレッジを活用すれば
少額資金の方でも
大きな利益を狙うことができる。
ただ、レバレッジが高くても
取引手数料・入出金手数料など
コストが高い場合だと利益を減らうことになる。

この記事では
XMの手数料について解説する。

XMには2種類の手数料がある

XMには2種類の手数料がある。

・スプレッド

・取引手数料

XM公式ページはこちらから

 

スプレッド

スプレッドとは
同時点における
売値(bid)と買値(ask)の差額。
FXで利益を出すには
往復の売買が必須となるため
この差額分はそのまま手数料になる。
XMのスプレッドは
固定ではなく変動しており
また、通貨ペアと口座タイプで様々。

XMの口座タイプで
ドル円平均スプレッドを紹介すると

スタンダード口座、マイクロ口座
2.0pips

ゼロ口座
0.4pips

XMスタンダード口座では
10万通貨×2.0pips=2,000円
約2,000円の手数料が掛かることになる。

XMゼロ口座では
10万通貨×0.4pips=400円
約400円の手数料が掛かることになる。

スタンダード口座と比較すると
ゼロ口座の方がスプレッドが低いが
ただ、ゼロ口座で取引する場合には
スプレッドの他に取引手数料が必要になる。

それでも全体の取引コストは
スタンダード口座よりも
ゼロ口座のほうが低くなる。

XM公式ページはこちらから

 

取引手数料

XMには3つの口座がある。
・マイクロ口座
・スタンダード口座
・ゼロ口座

この3つの口座のなかで
取引手数料が必要になるのはゼロ口座にのみ。

ゼロ口座の取引手数料は
10万通貨当たり
片道5ドルとなっている。
取引する場合は往復することが必要なので
実質10ドルの手数料が必要になる。

手数料を考えて
スプレッドを計算すると
ゼロ口座の場合だと
①平均スプレッド 0.4pips
②片道取引手数料 5ドル(0.5pips)
①+②=0.9pipsが実際のコストになる。

XM公式ページはこちらから

 

 

 

キャッシュバックサイトを利用すると手数料が戻ってくる

海外FX業者する場合
取引するたびに手数料の一部が戻る
キャッシュバックを利用することができる。
これを受けるための条件は
キャッシュバックサイトに登録して
キャッシュバックサイト経由で
XM口座開設するだけのお手軽なものになる。

キャッシュバックサイトで
一番還元率が高いことで有名な
TariTali(タリタリ)の場合だと
10万通貨で取引するたびに
スタンダード口座 8.5ドル(約850円)
マイクロ口座 8.5ドル(約850円)
ゼロ口座 4.5ドル(約450円)
これだけのキャッシュバックを
現金で受け取ることができる。

仮にXMゼロ口座を利用して
10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は113.4万円!
これだけの高額キャッシュバックを
現金で受け取ることができる。
このキャッシュバックですが
取引で勝つたなくても
取引するだけで発生するので
取引で勝った時は
利益+キャッシュバック
利益の上積みができ
取引で負けた時は
損失+キャッシュバック
損失補てんすることが出来るので
XMを含めた海外FXで運用する場合
必ずご利用された方が良いサービスになる。
TariTali(タリタリ)は登録無料なので
ご登録からスタートしてみてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

 

結局XMの手数料は高いのか

スプレッド、取引手数料は
国内FX業者と比較すると
割高であると判断できる。
ただ、キャッシュバックを受けることで
割高の手数料を下げることができるので
これを利用しない手はない。

また、国内FXにないレバレッジ888倍で
少額資金でも大胆な取引をできたり
ゼロカットを採用していることで
追証(借金)リスクがなかったりと
良い取引環境を提供してくれている。

良い環境での取引にご興味ある方は
業界一のキャッシュバックを提供する
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設をご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す