GEMFOREX(ゲムフォレックス)最大レバレッジ1000倍

 

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は
・最大レバレッジ1000倍
・ゼロカット採用で借金リスクなし
・無料でEAが利用できる等
非常にトレーダーから支持を受けている
特にレバレッジの高さから
他社から乗り換えるぐらいに
人気の海外FX業者である。

ただ、初心者の方のなかには
レバレッジがどんなものかわからない・・・
と思われている方も多い。
この記事では
GEMFOREX(ゲムフォレックス)の
レバレッジについて解説する。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ

レバレッジとは
口座証拠金を担保として
実資金以上で取引すること。
GEMFOREX(ゲムフォレックス)だと
最大レバレッジ1,000倍の
レバレッジを使うとすると

10万円の資金の場合
1億円相当の取引をできる。
(10万円×1,000倍=1億円)
レバレッジなしの場合と比較すると
1,000倍も資金効率が高い状態になる。
また、同様に1000倍の
リスク・リターンになることから
ハイリスクハイリターンとなる。
ただ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では
相場の急変動により
口座残高がマイナスになっても
マイナス分をゼロにリセットしてくれる
ゼロカットを採用しているので
国内FX業者で運用する時に発生する
追証(借金)リスクが発生しないので
国内FX業者と比較すると
リスクが少ないといっても良い。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ設定方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)
最大レバレッジは1,000倍。
できればレバレッジの倍率は
自由に設定したいものではないでしょうか。
ただ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)には
レバレッジには倍率設定項目はありません。
レバレッジを調整するのはトレーダーで
注文する際のロットで調整することになる。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では
1ロット=10万通貨になる。
USDJPYを取引きする場合
数量「1.00」は10万通貨のこと。

10万通貨といえば
10万通貨×100円(1ドル100円だと)
約1,000万円に相当します。
口座残高が1万円だったとすると
数量「1.00」の注文で
1,000倍のレバレッジを利用したことになる。

ただ、上記のような資金管理だと
すぐにロスカットになってしまい
投資資金を無くしてしまう・・・
潤沢な証拠金がないのであれば
ここぞというとき以外は
ハイレバレッジ取引はしないようにしましょう。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)取引手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で
レバレッジを利用するにあたって
スプレッドの他に
別途手数料を支払う必要はない。
GEMFOREX(ゲムフォレックス)は
口座タイプにかかわらず
取引手数料が無料。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)レバレッジ制限

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では
常に1,000倍のレバレッジではない。
口座残高が20,000USD
(200万円相当)を超えると
最大レバレッジは500倍に制限される。。
もっとも、国内FX業者の
最大レバレッジ25倍と比較すると
20倍高いレバレッジになるので
あまり支障ができないと判断できる。
実際に運用している方だと
30~50倍程度で運用さえている方が多く
500倍に制限されても問題ない方が多く
通常の取引をする分には
まったく問題とならないでしょう。

 

まとめ

レバレッジ取引とは
口座証拠金を担保として
実資金以上の取引をすること。
高いレバレッジで取引すれば
大きなリターンが期待できる一方で
損失を出した場合の
ダメージも大きくなる傾向にあるので
取引にはロット調整することが大事。
大事な資金を凡ミスで失わないために
調整方法を覚えて取引するようにしてくださいね。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で運用するならTariTali(タリタリ)経由がお得!

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
GEMFOREX(ゲムフォレックス)口座開設すると
取引するたびにキャッシュバックがもらえる。

オールワン口座だと
取引するたびに
0.8pipsキャッシュバック!

仮に10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
な、なんと211.2万円!
(1ドル100円・月22日で計算)
これだけ高額キャッシュバックを
取引するだけでもらうことができる。

TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設すると
本当にお得になるので
気になる方は
この機会にTariTali(タリタリ)登録から
スタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す