驚異のリカバリー36.6!『Utility_Player_MAX_USDJPY_M5』

 

 

順張り・逆張りロジックを
2つのEAに分けることで
それぞれのパフォーマンスが
MAXになるように再設計し
マルチロジックEAとして
1つのEAにしたのが
Utility_Player_MAX_USDJPY_M5

 

 

ストラテジーについて

通貨ペア
USDJPY

取引スタイル
スキャルピング

デフォルトポジション数
2個

デフォルトロット数
0.6Lot×2ポジション

時間足
M5(5分足)

両建て
有り

ゴゴジャンで販売されている
Utility_Player_USDJPY_M5_V1は
相場に対して
完全同一ロジックで
順張りと逆張りを
柔軟に使いこなすEAですが
順張り・逆張りの2つのEAに分け
それぞれのパフォーマンスが
MAXになるように再設計し
完成した2つのEAを
マルチロジックEAとして
1つのEAにしたのが
Utility_Player_MAX_USDJPY_M5

パフォーマンスを
最大限に発揮できるよう
設計されているので
非常に期待できるEA。

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

パラメーター

Slippage
許容スリッページ(pips)

MAXSpread
スプレッドフィルタ(pips)

MagicNumber1
マジックナンバー(ロジック1用)

Lots1
固定ロット(ロジック1用)

MagicNumber2
マジックナンバー(ロジック2用)

Lots2
固定ロット(ロジック2用)

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

バックテスト


6万通貨のバックテストですが
1万通貨で再計算します。

通貨ペア
USDJPY

期間
21年4カ月(256カ月)
1999.02.01 – 2020.06.01

時間足
5分足(M5)

モデル
全ティック

モデリング品質
90.00%

スプレッド
15(1.5pips)

初期証拠金
100万円

収益
238.2万円

プロフィットファクタ
1.38

最大ドローダウン
6.5万円

総取引数
7631回

勝率(%)
72.64%

平均勝トレード
1568円
平均敗トレード
⁻3022円

平均利益÷平均敗
0.518

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

バックテスト考察

バックテスト期間
21年4カ月(256カ月)で
モデリング品質90%で
信頼のできるデータと判断。

収益
全期間 238.2万円
年間  11.2万円
1万通貨で運用すると
年間11.2万円程度の収益を狙える。

最大ドローダウン
6.5万円
低いドローダウンで
運用できるのがグッド!

リカバリー
36.6
収益÷最大ドローダウンが
な、なんと36.6!
ドローダウンが発生しても
回復する力が強い。

総取引数
全期間 7631回
年間  357回
取引回数が多いEA。
これだけ取引回数が多いと
取引するたびにお金がもらえる
TariTali(タリタリ)との相性が
非常にいいとですね。

勝率(%)
72.64%
10回取引すると
7~8回勝つ計算になるので
ストレスが溜まりにくいEAと判断できる。

平均利益÷平均敗
0.518
利小損大で利益を積み上げる。
勝率重視されている方に最適。

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5まとめ

本EAの素晴らしいところは
ドローダウンが発生しても
収益÷最大ドローダウンが36.6なので
素早いリカバリーが期待できること。
また、取引回数も多いので
EA運用益だけでなく
TariTali(タリタリ)をご利用すると
キャッシュバック益も期待できる。
ポートフォリオを加えると
収益の柱になりやすいEAと判断できる。
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

Utility_Player_MAX_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

 

1万通貨で運用した場合の年間キャッシュバック額は約3万円

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
1万通貨で取引した場合の
年間キャッシュバック額は
約3万円になる。
※357回/年×85円

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用すると
EA運用益11.2万円だけでなく
キャッシュバック益3万円
合計で14.2万円の収益を狙える。

収益を増やしたい方は
絶対にTariTali(タリタリ)を
併用することをオススメする。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す