取引コストとキャッシュバック!最安はTariTali(タリタリ)+TradeView

 

 

スキャルピングEAで運用する場合
スプレッドが影響しやすい。
そのために取引するたびに
手数料を支払うかわりに
スプレッドが極狭である
『ECN口座』を使う方が多い。

そこでキャッシュバックが高い
TariTali(タリタリ)を利用した場合の
『ECN口座』の費用を比較してみる。

 

XMのECN口座の取引手数料とキャッシュバック

海外FXで人気があるXMは
スプレッド・手数料の面だと
正直他の海外FX業者の方がいいですが
サービス面が充実しているので
初心者~上級者まで
その使い勝手の良さから
利用されている方が多い。
そのXMの『ECN口座』の手数料と
TariTali(タリタリ)の関係は
下記の通りになる。

①ECN口座手数料
10ドル

②TariTali(タリタリ)10万通貨キャッシュバック
4.5ドル

③実質コスト(②̠̠ー①)
5.5ドル

そのまま手数料を払うと
10ドルと高いのですが
TariTali(タリタリ)からの
キャッシュバックで
4.5ドル返してもらえるので
実質コストは5.5ドルとなる。
キャッシュバックをもらうと
国内FX業者と同水準のコストなるので
決して高い訳ではない。

XMの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

TitanFXのECN口座の取引手数料とキャッシュバック

XMのECN口座と同様に
人気があるのがTitanFX。
その『ECN口座』(ブレード口座)の
取引コストが下記になる。

①ECN口座手数料
7ドル

②TariTali(タリタリ)10万通貨キャッシュバック
1.4025ドル

③実質コスト(②̠̠ー①)
5.5975ドル

取引手数料だけだと
XMより抑えられているのですが
キャッシュバックが少ないので
実質コストは上がってしまう。

TitanFXの取引手数料は
XMゼロ口座よりも安いのですが
TariTali(タリタリ)からの
キャッシュバックを差引くと
XMゼロ口座の方が
実質コストが安くなる。

TitanFXの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

AXIORYのECN口座の取引手数料とキャッシュバック

XM・TitanFXのECN口座と同様に
人気があるのがAXIORY。
その『ECN口座』(ナノスプレッド口座)の
取引コストが下記になる。

①ECN口座手数料
6ドル

②TariTali(タリタリ)10万通貨キャッシュバック
1.7ドル

③実質コスト(②̠̠ー①)
4.3ドル

手数料が
XM・TitanFXよりも安く
実質コストも
XM・TitanFXより安い。

AXIORYの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TradeviewのECN口座の取引手数料とキャッシュバック

XM・TitanFX・AXIORY
これらのECN口座と同様に
人気があるのがTradeview。
その『ECN口座』の
取引コストが下記になる。

①ECN口座手数料
5ドル

②TariTali(タリタリ)10万通貨キャッシュバック
2.25ドル

③実質コスト(②̠̠ー①)
2.75ドル

実質コストが2.75ドル!
XM・TitanFX・AXIORY
これらのFX業者よりも
取引手数料が安い!

スキャルピングなどで
取引回数が多い場合
取引手数料が安い方が
最終的に残る利益が多くなる。
ECN口座で実質コストを抑えた方は
Tradeviewをご利用するといいだろう。

Tradeviewの追加(IB乗り換え)口座開設手順

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

今回は純粋に
実質コストを比較しましたが
実際に海外FX業者の場合
サポートの充実も非常に重要。

取引手数料を抑えたい方は
TradeviewのECN口座で運用

海外FX初心者の方や
充実したサポートがいい方は
XMのECN口座で運用

このような選択をされみてはどうでしょうか?

ただ、この実質コストですが
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設して
キャッシュバック口座を作らないと
実現できないので
先ずはTariTali(タリタリ)登録から
スタートしてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す