Tradeviewは低スプレッドと安定の約定力がキャッシュバックが魅力

 

 

信頼性・安全性が
非常に高い海外FX業者
Tradeview(トレードビュー)
XMのようにメジャーではないので
海外FX業者を利用している人でも
知らない方もまだ多い。

Tradeviewでは
・業界最低水準のスプレッド
・入出金手数料無料
低い取引コストで取引できる。
また、高い約定力にも定評があるので
取引量が多いトレーダー
スキャルピングトレーダーに
おすすめできる海外FX業者。
このような特徴を持つ
Tradeviewについてまとめてみる。

 

Tradeviewはどんな会社

Tradeviewは
2004年に設立された中堅業者。
イギリス領ケイマン諸島に本社があり
CIMA(ケイマン諸島金融庁)から
許認可を得て運営している。

日本人スタッフが在籍しており
日本語サイトが用意されるなど
サポート体制も整っているので
安心して利用できる業者になる。

そんなTradeviewのの特徴は、

・業界最狭水準スプレッド
・高約定力
この2点が挙げらる。

 

 

ILC口座(ECN)ならどこよりも低コストで取引可能

Tradeviewの大きな特徴の一つが
・取引コストを抑えることができる
国内FX業者を利用している方が
海外FX業者を敬遠する理由の一つが
・スプレッド
・手数料などの
取引コストが高くなること。
海外FX業者で日本人が一番利用している
XMスタンダード口座だと
平均スプレッド(USD/JPY)が
約2.0Pipsなのに対し
国内FX業者だと
平均スプレッド(USD/JPY)が
約0.3Pipsになるので
6~7倍の差があることになる。
ただ、Tradeviewでは
最小0.0Pipsスプレッドを提供しており
コストを抑えることができる。

 

スプレッドが業界最狭である理由

ILC口座開設(ECN)すると
全通貨平均スプレッド0.2Pipsという
破格のスプレッドで
トレードを行うことができ
最低スプレッドは0.0Pipsとなっている。
海外FX業者の中で
最狭水準スプレッド設定となっており
国内FXスプレッドにも引けを取らない。

Tradeviewのスプレッドが
小さく設定できる理由が
FX業者・ディーラーを介さずに
オークション形式でマッチングさせる
ECN方式を採用しているから。
トレーダー同士の注文が
自動マッチングするため
タイミングが良ければ
スプレッドが発生しません。
FX業者を介さずに約定が行われるため
FX業者がマークアップして
価格表示できないので
狭いスプレッドにつながっている。

このECN方式の特徴によって
全通貨平均スプレッド0.2Pipsが実現。
ただし、スプレッドが設定されていないと
FX業者の収益を取れないので
ECN方式を採用するFX業者は
取引手数料を徴収することになる。

 

 

取引手数料の比較

Tradeviewの取引手数料は
10万通貨の往復取引ごとに
5ドル(0.5pips)

他の海外FX業者でもECN口座はあるが
日本人で有名な海外FX業者XM
XM Zero口座の取引手数料は
10ドル(1.0Pips)

低スプレッドに定評のあるTitan FX
ブレード口座(ECN)取引手数料は
7ドル(0.7Pips)

取引手数料でも
他の海外FX業者よりも
低い水準に設定されている。

Tradeviewの取引コストは業界最小

取引コスト=スプレッド+取引手数料になる。

TradeviewのILC(ECN)口座の
スプレッドが0.2Pipsだと場合

0.2Pips(スプレッド)+0.5Pips(取引手数料)=0.7Pips

Tradeviewなら
取引コスト0.7Pipsになる。
かなり取引コストが安く
業界最狭レベルで取引することができる。

 

ハイスペックな取引サーバーにより高い約定力と高速な約定スピードを実現

Tradeviewでは
エクイニクス社の
データセンターLD4に
取引サーバーを設置している。
エクイニクス社は
世界屈指サーバー強度を誇る
データセンターになる。
Tradeviewは自社のサーバーを
ここに設置することで
高速回線を提供してくれている。

 

ECN方式の採用

TradeviewのILC口座は
ECN方式を採用しており
・高約定力
・透明性の高い取引
を実現している。
ECN方式を採用している
FX業者を利用して
トレードする場合は
トレーダーの注文は
FX業者を介すことがない。
FX業者・ブローカーによる
・不正な価格操作
・約定の拒否
・リクオート
これらのことが発生しないので
透明性の高い取引ができることになる。

 

 

追証(借金)がないゼロカット採用

Tradeviewでは
トレーダー保護の観点から
追証(借金)が発生しない
ゼロカット方式を採用している。
急激な相場の変化などによって
口座残高がマイナスになってしまっても
追証(借金)の請求されることはなく
ゼロカット方式によって
口座残高が0になるだけなので
借金を抱えることがないので
安心してトレードすることができる。

 

日本語サポートも充実

Tradeviewでは
日本人スタッフが在籍。
日本語サポートを提供している。
海外FX業者を利用する場合
海外FX業者ということで
不安に感じる日本人トレーダーは多くいる。
実際に日本語サポートがない
話が伝わらないという業者も
たくさん存在しているので
・日本語のサポートの充実
・日本人スタッフの在籍
この点に関しては
不安を払拭できるポイントになる。

 

 

Tradeviewにボーナスがない

Tradeviewには
ボーナスなどの特典がない。
ボーナスがない代わりに
・業界ナンバーワン低スプレッド
・安定した取引環境
これらを提供している。
ボーナスを期待している方には
不向きな会社になる。

 

 

ボーナスはないがキャッシュバックをもらえる

ボーナスがないことで
・業界ナンバーワン低スプレッド
・安定した取引環境
これらを提供しているTradeviewですが
直接口座開設してしまうと損。
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設することで
トレードをするたびに
キャッシュバックをもらうことができる。
トレードするたびにもらえるので
継続してトレードをする方だと
大きなお金をゲットできる。

 

 

TariTali(タリタリ)高額キャッシュバック

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
Tradeview口座開設すると
トレードするたびに
キャッシュバックを現金でもらえる。
10万通貨でトレードすると
スタンダード口座は8.5ドル
ECN口座は2.125ドル
Currenex口座は2.55ドル
cTrader口座は2.125ドル
キャッシュバックになる。

仮にTradeviewのECN口座で
10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
な、なんと56.7万円!
これだけの現金を
トレード勝敗に関係なく
トレードしただけでもらうことができる。

何度も言いますが
直接口座開設してしまうと
キャッシュバックは0円・・・
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
Tradeview口座開設すると
キャッシュバックが発生するので
この点をご注意くださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

低コストで高約定力の環境で取引したいトレーダーにおすすめ

海外FX業者Tradeviewと
相性がいいのはトレーダーは
取引コストを抑えたいとお考えの方。
TradeviewのILC口座を利用すれば
・業界最狭水準のスプレッド
・業界最低水準の取引手数料
非常に低い取引コストで
FXトレードを実施することが可能。
・スプレッドが高い
・取引手数料が高い
そのようにお考えの方は
乗り換えを検討してみるといいでしょう。

また、ECN方式による
高約定力も期待できるので
・低スプレッド
・高約定力
取引回数が多い方にとっては
最適な環境を構築することができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

FX初心者には不向き

Tradeviewのロスカット水準は
証拠金維持率の100%以下と
高めに設定されているため
資金管理に自信のない方は
少々ハードルが高い。

ILC口座の場合は
最小取引単位が
1万通貨に設定されているので
少額資金で投資したい初心者の方には不向き。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

まとめ

現在利用している
FX業者に不満を感じている方や
新しく海外FX口座開設をお考えの方で
・業界最狭水準のスプレッド
・業界最低水準の取引手数料
・高額キャッシュバック
これらを享受したい方は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
Tradeview口座開設を検討してみてください。
きっと満足できるはず。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す