FXをされている方は
聞いたことがある
NDD・DD方式。
この記事では
NDD方式やDD方式について
詳しくお伝えします。

 

NDD方式

NDD方式とはどういったものなのか?

NDD方式とは
ノーディーリングデスク方式
の略称のことです。
トレーダーからの注文を
市場に直接流す方式で
FX会社業者が取引に関与しない
といった形式です。

このNDD方式は
多くの海外FX業者で
採用されています。
NDD方式を採用している
海外FX業者だと
ご自身の注文は
インターバンク市場に
直接的に流れています。
FX業者はレート選択のみで
取引に関与しないので
取引に対して
不正な操作される
心配がないので
透明性が高いと言えます。

NDD方式を採用している
FX業者とトレーダー
利益相反もありません。
NDD方式のFX業者は
スプレッドや取引手数料が
利益となっています。
不正操作をして
負けさせることは
FX業者にとっては
メリットがないです。
トレーダーに勝ってもらい
取引数量を増やしてもらう方が
FX業者にとっても
利益はプラスに繋がります。
FX業者とトレーダーは
win-winの関係
ということになります。

 

NDD方式のデメリット

NDD方式を採用している
海外FX業者のデメリットは
変動スプレッドになるので
広がりやすい傾向があります。
NDD方式を採用している
FX業者の利益は
スプレッドになるので
スプレッドが広がりやすい
この傾向にあります。

国内FX業者にない
ゼロカットを採用しているので
トレーダーにとっては
いい環境を提供しています。
取引環境を整えるると

スプレッドを広く設定せざるを得ない

ということが
デメリットになります。

 

本当にNDD方式を採用しているFX業者かわかりません

ここまでだと
NDD方式の方が
透明性が高いのが
ご理解できたかと思いますが
FX業者が申告している
NDD方式・DD方式
どちらを採用しているのか
実際にわからないんですよね・・・

DD方式を採用していながら
NDD方式を採用していると
嘘をついている
業者もあるかもしれない

といったことには
注意する必要があります。
NDD方式採用と謳いながら

スキャルピングEAを禁止

なんてFX業者は
注意した方がいいです。

 

DD方式

DD方式とは
DD方式はNDD方式の
真逆の方式になります。

DD方式を採用していると
NDD方式のように注文を
インターバンク市場に
直接的に流しません。
DD方式のFX業者は
注文を自社で受け付けます。
DD方式を採用しているのが
国内FX業者に
多い傾向にあります。

 

DD方式は利益相反するので敵対的な関係です

このDD方式ですが
NDD方式と異なり
FX業者とトレーダーは
利益を相反する
敵対的な関係となっています。

トレーダーが勝てば
DD方式採用FX業者は
損することになります。
トレーダーが負ければ
DD方式採用FX業者は
利益を増やしていく
ということになるのです。

DD方式採用FX業者は
会社が損をするような
取引は行わない傾向にある

ということでもあります。
全てのFX業者が
そんな事をする訳では
ないと思いますが
会社は利益を残さないと
存在できないのは
当たり前のことです・・・

 

DD方式採用FX業者のメリット

DD方式採用FX業者の
メリットとしては
NDD方式採用FX業者に比べると

狭いスプレッドで設定されていることが多い

ということです。
NDD方式採用FX業者だと
スプレッド・取引手数料が
会社の利益になるので
どうしても広めになります。

DD方式採用FX業者は
スプレッドが
大部分の利益ではないので
スプレッドを狭くできます。
狭スプレッドに
魅力を感じる方は
DD方式を採用している
FX業者がいいと言えます。

 

狭スプレッドにこだるならキャッシュバックです

スプレッドにこだわるなら
キャッシュバック
を利用すると
実質スプレッドを
狭くすることができます。

XMを利用すると
USDJPYのスプレッドが
2.0pipsだった場合
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設を行えば
8.0USDのキャッシュバックが
取引するたびにもらえます。

2.0-0.8=1.2pips

実質スプレッドは
1.2pipsになります。
NDD方式が気になるけど
スプレッドが・・・
なんていう方は
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)
新規・追加口座開設して
スプレッドを下げることを
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

コメントを残す