Deal FXは
2018年12月から
運営を開始した
新興海外FX業者です。

STP方式を採用しており
非常に透明性が高い。
スプレッドも狭く
USDJPY・EURUSDは
取引が活発な時間帯でも
ほぼ一定です。
約定力・約定スピードも
十分あります。

また、MT4・MT5を使い
60種類以上の通貨ペア
株式・株価指数・仮想通貨など
銘柄数も他社より充実。

 

DealFX(ディールFX)のスペック

金融ライセンス
モーリシャス金融サービス委員会(FSCM)

運営実績
創業2015年
運営開始は2018年~

レバレッジ
400倍

ロスカット水準
20%

ゼロカットシステム
採用(追証なし)

プラットフォーム
MT4、MT5

取扱い通貨ペア
60通貨ペア

 

スタンダード口座とアクティブ口座

DealFXには
スタンダード口座
アクティブ口座
がありますが
スタンダード口座には
取引手数料が
マークアップされていますが
アクティブ口座には
スプレッド+1Lot往復で
8ドルの取引手数料が必要になります。

取引手数料を考慮しても
アクティブ口座の
スプレッドが狭いので
アクティブ口座を開設した方がいい!

 

DealFXのスプレッド

DealFXで
一番スプレッドが狭い口座は
アクティブ口座です。
USDJPYが0.2pips
EURUSDが0.1pips
と海外FX業者でも
最狭水準スプレッドを提供。
アクティブ口座は
取引毎に片道4USDの
手数料が必要になります。

 

DealFXの口座別スプレッド

スタンダード口座スプレッド

USDJPY 1.7
EURJPY 2.4
GBPJPY 3.7
EURUSD 1.7
EURGBP 2.2
GBPUSD 2.4

アクティブ口座スプレッド

USDJPY 0.2
EURJPY 0.4
GBPJPY 1.3
EURUSD 0.1
EURUSD 0.57
GBPUSD 0.7

アクティブ口座のスプレッドは
平均スプレッドは
USDJPYは0.20
EURUSDで0.1と
低水準スプレッド。
スプレッドは狭いのですが
1lot取引毎に手数料が
0.8pips必要。

 

実質スプレッドを狭くする方法

キャッシュバックサイト
ロイヤルキャッシュバック経由で
DealFX口座開設をして
取引するとキャッシュバック
現金をもらえるので
これを利用すると
実質スプレッドを狭くできる。

 

ロイヤルキャッシュバックのDealFXキャッシュバック

ロイヤルキャッシュバックの
キャッシュバックは
スタンダード口座
アクティブ口座
で違います。

スタンダード口座
0.32pips

アクティブ口座
0.16pips

FXRoyalCashBack

 

実質スプレッドはどれだけになるのか?

ロイヤルキャッシュバックの
アクティブ口座の
キャッシュバックは
0.16pipsになります。

USDJPYで取引した場合

スプレッド0.20pips
▲キャッシュバック0.16pips
+手数料往復0.8pips

=0.84pipsとなります。

この0.84pipsという数字は
スタンダード口座の
実質スプレッド0.93pipよりも
0.02pip低いスプレッド。
大きな差はありませんが
低スプレッドでは
アクティブ口座の方がいいです。

 

まとめ

スキャルピングなどの
取引回数が多い方は
DealFXを利用するなら
半永久的に現金をもらえる
キャッシュバックをもらうと
かなりの現金収入になります。

為替差益だけでなく
キャッシュバックの
副収入を得いたい方は
ロイヤルキャッシュバック経由で
DealFX口座開設をご検討されてみてはどうでしょうか?

FXRoyalCashBack

コメントを残す