為替取引をされている方に質問です。
あなたは裁量トレーダーですか?
EAトレーダーですか?

それぞれメリット・デメリットがありますが、
「EAって大丈夫?何を基準に選べばいいの?」
というのが本音だと思います。

そこで今回は
実際のEAトレーダーさんへ
インタビューを行ない
EAを選ぶときの条件を
匿名でぶっちゃけてもらいました!

皆さんほぼ共通していたのは
こちらでした。

・フォワード結果がある程度たまっていて、グラフが右肩上がり
・低DD
・ナンピン、マーチンではない
・PF1.5以上
・リスクリターン率

 

フォワード期間

フォワードの期間については
「最低半年以上!」
という回答がほとんどで
1年は見たいという回答もありました。

 

低ドローダウン

低DDに関しては
「直近の成績がいいからって手出して
ドローダウン食らってEAの元取れたからまぁ、いっか。で、終わらせるんだったら長期的な目で見て使える方が絶対いいでしょ。」
というトレーダーさんの正直な意見も。

 

プロフィットファクター

PF(プロフィットファクター)は
ただ高ければいいわけではなく
1.5~2.0
がちょうどいいという意見が多かったです。
一般的にPFが2以上あると
取引をするごとに
利益が重なっていきますが
1を割り込まない限りは
マイナスになることはないので
スキャルピングで
取引回数が多いEAの場合は
あまり気にしなくて良いとのこと。

ドローダウン関連でいうと
『リスクリターン率※』
の高さをチェックされている
トレーダーさんもいらっしゃいました。
(※リスクリターン率はドローダウンがあった時に、どのくらいの期間をかけて回復したかという数値になります。)

フォワード計測期間が長く
PFが良かったとしても
リスクリターン率が低い場合
は回復力がいまいち…
という判断になるようです。

 

リスクリワードレシオ

また、損小利大なEAを探したい!
という時に重要なのが
【リスクリワードレシオ】。

勝率とTP/SL
(テイクプロフィット/ストップロス)の
バランスを考慮したのが
リスクリワードレシオで
リスクリワードレシオ = 平均利益 ÷ 平均損益
なのですが

簡単にいうと
リスクリワードレシオが1
(平均利益と平均損失が同じ)であれば
勝率50%以上あれば
利益は残っていく
計算になります。
あとはリスクリワードレシオと
勝率の関係の好み及び
取引回数の頻度の好みを
考慮すると良いのではないでしょうか。

・リスクリワードレシオ低め(1以下)なら勝率高め
・リスクリワードレシオ高め(1以上)なら勝率低め

でも問題ありません。

 

FXのシストレ検索

GogoJungleでは
お好みの条件を設定して
検索を行なうこともできるんです!

【FXのシストレ検索】
トップページ⇒システムトレード⇒システムトレードFX⇒詳しい条件で検索
それぞれの数値を設定し
通貨ペアでの
絞り込みも可能です。

ぜひご活用いただき
最高のEAと
出会ってみてはいかがでしょうか。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

コメントを残す