【トレンド・レンジ】2つの独立したロジックの自動切換えで利益を伸ばすドル円EAコイノボリ

コイノボリの2つのロジックとは
①順張りCCI
②逆張りBB
トレンド相場、レンジ相場を判定し
ロット数を自動変更する
機能を備えたEAです。

この機能が奏功し
素晴らしい成績です。
開発者のsyunさんの
EA設計思想では
ほとんどの設定を
変更できるようにして
利用ユーザー自身でも
更に成績を上げる工夫が
できるようにしているとのことです。

コイノボリ
2種類のロジックでトレンドとレンジを取りに行く

コイノボリについて

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード] [スイングトレード]

最大ポジション数
2

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
50

使用時間足
M15

最大ストップロス
25

テイクプロフィット
0
その他
流れが変わるまで

両建て
あり

 

製作者さんの考え方

〇余計なものにお金や時間をかけない。
かっこいいアイコンやカラフルでわかりやすい説明はせず文字や手書き等で行う予定です。
その時間やコストをEAの内容に込めます。まだ形にしていないアイディアがいっぱいあるので、それを形にする方を選択します。
〇ほとんどの設定を変更できるようにする
自由に変更できるようにし、多少の変更で新しいEAとして売ることはしません。似たEAは追加で無料ダウンロードにする予定です。
変更可能にすることによって、損失を抑え利益を伸ばすようにしたい

 

バックテスト

開発者のsyunさんが、手動で①順張りCCIの方のロット変更を行なったバックテスト結果がこちらです。

 以下、開発者のsyunさん作成EAページから転載

とりあえず、①順張りCCIのみ抜粋して変更してみます。

<①にかかわる部分で、トレンドがあるかどうか簡易判断する設定部分>

●1トレンド判断用 MA1ローソク足の本数

●1トレンド判断用 MACCI1の設定 単純0 指数1 平滑2

●1トレンド判断用 MA2ローソク足の本数

●1トレンド判断用 MACCI2の設定 単純0 指数1 平滑2

<①CCIの設定を変更できます。CCI3本の状態及びサブのMAの状態を参照しながら売買いたします。>

●1 set11 CCI1のローソク足の本数 デフォルト設定  60

●1 set12 CCI2のローソク足の本数 デフォルト設定 180

●1 set13 CCI3のローソク足の本数 デフォルト設定  20

●1 MAのローソク足の本数 CCI用のサブのMAを計算 200

●1 MAの設定 単純0 指数1 平滑2 0

現状の①のみを2018年1月から7月まで売買させるとデフォルト設定では、以下のバックテスト結果です。

トレンド判断用の上半分はおいておいて、それより下の設定を変更してみます。

☆1 set11 CCI1のローソク足の本数          変更後設定  100

☆1 set12 CCI2のローソク足の本数          変更後設定  40

☆1 set13 CCI3のローソク足の本数          変更後設定   60

☆1 MAのローソク足の本数 CCI用のサブのMAを計算  変更後設定  180

☆1 MAの設定 単純0 指数1 平滑2    変更後設定   0 上記設定にして売買すると

デフォルト設定よりも利益が伸びて良い感じかもしれません。

このように自動でも2つのロジックのそれぞれのロット切り替えを行なってくれますが、手動でも利用ユーザーが様々な数値を変更できるコイノボリは、注目のEAであると言って良いのではないでしょうか。

EAの詳細はこちらからご覧いただけます。

コイノボリ公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す