TitanFX(タイタンFX)最狭のブレード口座とコストを下げる方法

TitanFX(タイタンFX)の
ブレード口座の特徴は
『最狭スプレッド』
ではTitanFX(タイタンFX)の
ブレード口座についてと
そのコストをさらに下げる方法について解説する。

 

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座

TitanFX(タイタンFX)の
ブレード口座の基本的な
スペックは以下の通り。

最大レバレッジ
500倍

取扱通貨ペア数
60種類以上

最低スプレッド
0pips~

取引手数料
3.5ドル(10万通貨片道)

最小取引単位
0.01ロット

取引プラットフォーム
MT4・MT5

TitanFX(タイタンFX)には
ブレード口座の他
スタンダード口座もある。
この2つの口座の違いは
・スプレッドの差
・取引手数料の有無
上記2点になる。

 

 

TitanFX(タイタンFX)各口座のスプレッド差

TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座の平均スプレッドは
スタンダード口座と比較し
どのくらい狭いのでしょうか?

USDJPYスプレッド比較
ブレード口座:0.33 pips
スタンダード口座:1.33 pips

EURUSDスプレッド比較
ブレード口座:0.2 pips
スタンダード口座:1.2 pips

GBPUSDスプレッド比較
ブレード口座:0.57 pips
スタンダード口座:1.57 pips

TitanFX(タイタンFX)
・ブレード口座
・スタンダード口座
スプレッドを比較すると
平均1pipsほどの差があることがわかる。
ブレード口座の方が
スタンダード口座よりも
スプレッドが狭いことがわかる。

 

 

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座のスプレッドは他社ECN口座と比較

TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座スプレッドと
他社のECN口座と比較してみる。

USDJPYスプレッド
TitanFXブレード口座:0.33 pips
XM ZERO口座:0.1 pips
GEMFOREXノースプレッド口座:0.3 pips

EURUSDスプレッド
TitanFXブレード口座:0.2 pips
XM ZERO口座:0.1 pips
GEMFOREXノースプレッド口座:0.3 pips

GBPUSDスプレッド
TitanFXブレード口座:0.57 pips
XM ZERO口座:0.3 pips
GEMFOREXノースプレッド口座:1.3 pips

TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座のスプレッドは
各社のECN口座と比較すると
非常に狭いというわけではない。
TitanFX(タイタンFX)の
ブレード口座のスプレッドは
平均的と言えるでしょう。

ただしTitanFX(タイタンFX)
ブレード口座を含むECN口座は
スプレッドの他に取引手数料が発生する。
取引手数料とスプレッドの合計で
TitanFX(タイタンFX)ブレード口座の
取引コストがどのくらいになるのか考慮する必要がある。

 

 

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座は取引手数料

ブレード口座は
スタンダード口座に比べて
スプレッドの狭さがメリットですが
取引手数料が発生する。
TitanFX(タイタンFX)の取引手数料は
10万通貨あたり片道3.5ドル
1回あたりの取引を完結させる場合
買い注文と売り注文
それぞれ1回づつ必要なので
往復で7ドルの手数料が発生。
ブレード口座はスキャルピングなど
取引回数が多くなる方にとっては
スプレッドが低いので
メリットがあるのですが
このように取引手数料が必要なのを覚えておいてください。

 

 

キャッシュバックをもらうと取引コストを下げることができる

ブレード口座で取引するためには
スタンダード口座と比較すると
最狭スプレッドと取引手数料
この2つが発生するのは
ご理解頂けたかと思いますが
このコストを下げる方法がある。

その方法というのは
非常にカンタンで
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
TitanFX(タイタンFX)の
ブレード口座に新規・追加口座開設して
いつも通りに取引するだけ。

TariTali(タリタリ)経由で
ブレード口座開設して
10万通貨で取引するたびに
1.4025ドルキャッシュバックされる。
(0.4025pips相当)
取引コストが1pipsだとすると
0.85975pips(1-0.14025)まで下がる。

ちなみに、10万通貨で
1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額32.1万円!
これが取引で勝たなくても
取引するだけで発生するので
絶対にキャッシュバックをもらった方が良い。

TitanFX(タイタンFX)は
XMのようにボーナスがないので
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設して
取引するたびにもらえる
キャッシュバックをもらうようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座は
スプレッドが狭い一方
取引手数料が発生すること。
ただ、スタンダード口座よりも
ブレード口座のほうが
取引コストを抑えやすい傾向にある。

また、キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設すると
キャッシュバックをもらうことができ
実質コストを下げることができる。

TitanFX(タイタンFX)で
運用されている方は
約定力もそうですが
取引コストが低いことを重視されている。
取引コストを下げたい方は
TariTali(タリタリ)経由で
ブレード口座で新規・追加口座開設を
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す