スプレッド比較して口座を選ばないと利益を伸ばせない

 

スプレッドとは
売値と買値の価格差で
FX業者の収入源になっている。

スプレッドは
常に変動していて
平均や最小などを確かめて
FX業者選びする必要がある。

 

10万通貨の取引でのスプレッド

10万通貨の取引で
スプレッドが
0.5pipsだと500円
1.0pipsだと1000円
2.0pipsだと2000円
これだけの手数料になるので
スプレッドが狭いことが
利益に直結しやすいのがわかる。

スプレッドは
取引するたびに発生するので
スキャルピング
高頻度取引EAなど
短期で複数回行う取引だと
取引コストにこだわらないと
利益を伸ばしにくい。

 

スプレッドは流動性が低下すると広がりやすい

スプレッドは
常に変動しますが
天変地異や自然災害時や
経済指標発表の前後では
市場の流動性が低下すると
スプレッドは広がりやすい。
また、流動性が低下する
日本時間の早朝だと
スプレッドが広がりやすいので
そこで取引しないようにするだけで
取引コストを抑えることができる。
FX取引する際は
スプレッドの仕組みを理解して
利益を伸ばせるようにした方が良い。

 

スタンダード口座スプレッド比較

スプレッドは
同じ通貨ペアでも
FX業者や口座タイプで異なり
事前に比較する必要がある。
大手海外FX業者
スタンダード口座の
スプレッドを比較してみます。

 

大手海外FX業者スタンダードスプレッド一覧

ドル円
1.60pips (XM)
1.33pips (TitanFX)
1.50pips (AXIORY)

ユーロドル
1.70pips (XM)
1.20pips (TitanFX)
1.30pips (AXIORY)

ユーロ円
2.50pips (XM)
1.74pips (TitanFX)
1.70pips (AXIORY)

ポンドドル
2.90pips (XM)
1.57pips (TitanFX)
1.90pips (AXIORY)

ポンド円
3.30pips (XM)
2.45pips (TitanFX)
2.70pips (AXIORY)

豪ドル円
3.30pips (XM)
2.12pips (TitanFX)
2.10pips (AXIORY)

以上のように
通貨ペア別に
スプレッドが変わりますが
やはり海外FXの定番の
ユーロドルは流通量が多いので
一番狭くなります。

 

大手海外FX業者ECN口座スプレッド比較

ECN口座とは
取引手数料を支払うことで
非常に狭いスプレッドで
取引することができる。
取引手数料を支払っても
スタンダード口座よりも
取引コストが安いので
スキャルピング
EA自動売買など
取引回数が多い方だと
メリットが多い

 

大手海外FX業者ECN口座取引コスト一覧

ECN口座だと
スプレッドの他に
取引手数料が発生する。
スプレッド+取引手数料=取引ストで比較。

ドル円
1.1pips (XMゼロ口座)
1.0pips (AXIORYナノスプレッド口座)
1.03pips(TitanFXZEROブレード口座)

ユーロドル
1.1pips (XMゼロ口座)
0.9pips (AXIORYナノスプレッド口座)
0.9pips (TitanFXZEROブレード口座)

ユーロ円
1.6pips (XMゼロ口座)
1.2pips (AXIORYナノスプレッド口座)
1.44pips(TitanFXZEROブレード口座)

取引コストは
AXIORYナノスプレッド口座が低いので
スキャルピング
EA自動売買など
取引回数が多い方に適している。

 

スプレッド比較のまとめ

海外FXをする時は
スプレッドを比較して
口座選びする必要がある。
国内FX業者の場合だと
スプレッドが狭いので
取引手数料が狭いのですが
レバレッジが低いので
必要証拠金が多く必要になったり
日本の法律上
ゼロカット(損失補填)できないので
口座に入れた以上の損失が出ると
追証(借金)を背負うことがある。
スイスフランショックの時は
数千万円の借金を背負った人も・・・

口座を選ぶ時は
・スプレッドが狭い(取引コスト減)
・レバレッジが高い(資金効率が高い)
・ゼロカット採用(借金リスクなし)
これらを完備している
海外FX業者で運用する方が
総合的に良い結果になりやすい。

ボーナスがないが
AXIORY・TitanFXは
取引コストが非常に低いので
取引する口座としては良い!
ボーナスはないですが・・・

 

ボーナスはないがAXIORY・TitanFXで運用すると取引毎にキャッシュバックをもらえる

口座開設・入金ボーナスがない
AXIORY・TitanFXですが
キャッシュバックを
現金でもらうことができる。
その方法が
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設すること。

各FX業者のECN口座で
10万通貨取引するたびに
1.6ドル(AXIORY)
1.2ドル(TitanFX)
キャッシュバック
現金をもらうことができる。

スキャルピング取引だと
1日10回以上取引する方が多いが
10万通貨で1日10回取引した場合の
年間キャッシュバック額は
31~42万円!
高額キャッシュバックを
現金で口座に振り込んでもらえる。
AXIORY・TitanFXで運用するなら
TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設しないと
本当に損しちゃいます。
現金を捨てていることと同じですよ。
ご検討されてみてはどうでしょうか?

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す