国内FX業者と海外FX業者では
取引方法が違います。

国内FX業者 → 店頭取引
海外FX業者 → 電子取引所取引

国内FX業者の場合
トレーダーからの注文を
注文通りに行わない
『呑み行為』をしています。
これは実際に注文を行わないので
トレーダーに対して
スプレッドを低く提供のが
最大のメリットですが
『呑み行為』を行っているので
トレーダーが損をすると業者が儲かり
業者が損をするとトレーダーが儲かる
『利益相反構造』になっています・・・
そのためトレーダーに不利になる
レートをずらし・滑り等々で
トレーダーに損をさせている・・・
そんな可能性も否めません。

 

海外FX業者の場合
電子取引所取引なので
国内FX業者のように
実際に取引をしない
『呑み』を行うことなく
トレーダーの注文通りに
トレードが行われます。
海外FX業者の利益は
取引で発生する手数料のみなので
トレーダーとって
『不利』になる行為をしないで
トレーダーに長生きしてもらい
取引量を増やしてもらうようにします。
トレーダーと海外FX業者が
『WIN×WIN』になります。

海外FX業者だと
『呑み行為』を行わないので
長生きできる可能性があります。
国内FX業者だけで運用中の方は
海外FX業者での運用を
ご検討されてみてはどうでしょうか?