3通貨ペア完全同一ロジック『RECOBA Triple Swing M5』

完全同一ロジックにて
3通貨ペア(GBP-EUR-AUD/JPY)に対応
『RECOBA Triple Swing M5』

 

現在の成績

 

ストラテジーについて

—ロジック概要—
本EAはMT4時間0:30~2:00に
エントリーする
スイング・デイトレEAです。
裁量トレードにて培った
騙しを回避しながらも
極力引き付けたエントリーをする
ロジックを搭載しています。

決済はSL110/TP210となりますが
基本的に内部ロジックで
クローズします。

エントリー後
思惑通りに動けば
妥協せず利益を追及し
読み違えたと判断した際には
出来る限り小さく
損切りを行います。
期待利得・期待値が高い売買を
機械的に仕掛け続けることで
利益を生み出すという
為替真理に基づいた
ロジックとなります。

 

バックテスト

GBP/JPY

・スプレッド…2019年GBP/JPYの平均配信スプレッド1.8pipsに
0.7pipsを加えた2.5pips固定
・手数料…往復5points(0.5pips)/トレード
・スワップ…Dukascopy標準数値 Long +0.3 Short -8.1

 

 

EUR/JPY

・スプレッド…2019年EUR/JPYの平均配信スプレッド0.8pipsに
0.7pipsを加えた1.5pips固定

・手数料…往復5points(0.5pips)/トレード

・スワップ…Dukascopy標準数値 Long -0.36 Short -0.2

 

 

AUD/JPY

・スプレッド…2019年AUD/JPYの平均配信スプレッド0.8pipsに
0.7pipsを加えた1.5pips固定

・手数料…往復5points(0.5pips)/トレード

・スワップ…Dukascopy標準数値 Long +0.7 Short -12

 

 

3通貨総合

 

可変スプレッドでの3通貨総合

全体的に収益は落ちていますが
2019年の成績は
固定スプレッドの結果よりも良く
更に2019年から
2010年頃まで遡って比較した時
年単位での成績が固定スプレッドと
大きく乖離していないことから
固定スプレッドでのテスト結果も
EAの性能を計るには
十分なものだと考えられます。

かなり優秀なバックテストです。
フォワード成績がどうなるか?
今後も注目していきたいです。

公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す