複利運用管理システム
「アサルトシステム」の
14年間で積み重ねた収益は2億以上
単利運用でも抜群の勝率を誇る
「アルファ・ゴールドマン」

【アルファ・ゴールドマン概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
15
(パラメーターから変更可能)

使用時間足
M15

最大ストップロス
0
(プログラムによる自動クローズ)

テイクプロフィット
0
(プログラムによる自動クローズ)

複利運用の「ASSAULTモード」と
ロット固定の「Fixedモード」の
二つを選択できます。

上昇トレンド
レンジ相場の押し目買いを狙い
下降トレンド発生時には
エントリーしない
「下降トレンド感知機能」
を搭載しています。

【バックテスト分析】
まずは複利運用の
「ASSAULTモード」を見てみます


2005年から2019年の14年間で
100万円から
2億2千万を積み重ねました。
複利の力はすごいですね。

一方で最大ドローダウンは
36%と損出も大きいです。
継続すれば
相応のリターンを期待できそうですが
それには資産の減少に耐えられる
平常心が必要になりそうです。

もっと詳しく見ていきたいと思います。
月別ではマイナスの月もありますが
おおむね安定しているようです。
継続すれば
大きな利益を生み出せそうです。

下はマイナス時の表です。
最大で-405pipsと
かなりの損益を出すことが分かります。
一撃を耐えながら
長期運用すると
大きな利益を得られるみたいです。

■過去3年のバックテスト結果
過去3年の単年ごとの
バックテストの結果を見ていきましょう。

まずは2018年の結果です。

次に2017年の運用です。

最後に2016年です。


各年の純益は2018年が53万円
2017年は40万円
2016年は38万円と
年間のリターンは
口座資金にかかわらず
30~50%が見込めそうです。

年利30%の複利が
3年間継続した場合は
元の金額に210%増となります。

年利50%が続いた場合は
3年間で330%増と
大きなリターンを期待できます。

■単利運用
次に単利での運用を見てみます

2005.01.01‐2019.03.14
スプレッド3
純益+594.4万円(年間平均 42万円)
最大ドローダウン 62.9万円(12.34%)
総取引回数 10907回(年間平均779回)
勝率91.78%
PF3.17

推奨証拠金は0.1ロットで、
(4.5×15)+(62.9×2)=193.3(万円)となります。
期待年利は21%です。
ポジションは
パラメーターから変更できるので
1ポジションで見てみましょう。

その場合の推奨証拠金は
(4.5)+(62.9×2)=67.4(万円)
期待年利は62%になります。
取引回数は年779回と
かなり頻繁にトレードするので
イライラすることもなさそうです。

■エントリーポイント


EAのロジックには買いしかありません。
「下降トレンド感知機能」
を搭載していますが
画像を見ると
ダウントレンドが続くときは
エントリー頻度が減るようです。

■まとめ
やはり最大の魅力は
複利運用の「ASSAULTモード」だと思います。
思わぬ損失を出してしまっても
それ以上に収益が重ねてくれます。
過去3年のバックテストで
複利継続で210%~330%
年利が期待できることも
利益を大きくしたい投資家にとって
大きな価値を持ったEAではないでしょうか。

相応の出血もありますが
「骨を切らせて肉を断つ」で
運用してみるのも良いと思います。

アルファ・ゴールドマン
圧倒的な勝率「90.98%」 年利52%を使った複利運用で2億円を生み出す「アサルトシステム」搭載EA
圧倒的な勝率「90.98%」 年利52%を使った複利運用で2億円を生み出す「アサルトシステム」搭載EA?|?fx-on.com