ユーロ円のスキャルピングで運用開始から好調な成績!『スキャルピングパンダ』

最終更新日

 

 

運用開始から
約1か月が過ぎて
フォワードテストも好調の
ユーロ円通貨ペアのEA
スキャルピングパンダ
を紹介していきます。


 

 

現在の成績

スキャルピングパンダ公式ページはこちらから

 

スキャルピングパンダ概要

朝仕事が得意なパンダ君 出陣!!

通貨ペア
[EUR/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
2

使用時間足
5分足

最大ストップロス
60

テイクプロフィット
40

取引回数がまだ少ないため
勝率も低めですが
PFは2.02
最大ドローダウン7.80%
大事なチェックポイントは
良い成績です。

1月だけを見ると
-7pipsとなっていますが
1月後半からの運用開始であることに加え
2月は月半ばの時点で
+52.8pips
約1か月のフォワードテストと捉えると
+45.8pipsと好調な成績といえます。

スキャルピングパンダ公式ページはこちらから

 

 

バックテスト分析


2005.01.01‐2018.12.31

スプレッド1.5

ロット固定 1

純益+9.50万ドル(年間平均 6788ドル)

最大ドローダウン -3031ドル(9.04%)

総取引回数 1998回(年間平均142回)

勝率75.23%

PF1.69

総取引回数が少ないですが
勝率は7割を超えて
しっかり利益を出しています。
最大ドローダウンは
9.04%で33万円
最大保有ポジションが
2ですので万全を期すなら
最大20%は想定して
運用しておきたいところです。

推奨証拠金額はバックテストと
同様に1ロットで考えると

(452)+(33.32)=156.6(万円)

となり約157万円から
0.1ロットならば約16万が目安。

この場合の期待年利は
43.3%なので
とても優秀といえるのではないでしょうか。

スキャルピングパンダ公式ページはこちらから

 

年別のバックテスト結果です。

バックテストを行った14年間
全ての年で
収益を上げる結果となりました。
年平均の収益は
なんと+6788ドルになっています。

次は年月別収益です。

各年の合計でみると
収益はプラスを出してはいますが
月別でみると損失になっている月も
少なくありません。
通貨ペアはユーロ円なので
他の通貨ペアのEAと組み合わせてより
安定したポートフォリオ運用を
目指していきたいところです。

バックテストとフォワード実績を比べても
PFや最大ドローダウンの値は
そこまで乖離していないことから
今後も好成績が
期待できるEAとなっていますので
ご検討してみて下さい。

スキャルピングパンダ公式ページはこちらから

 


TOMO