「超」低勝率でも長期的に右肩上がりのEA『何事も負けるが勝ち [ユーロ円版]』

「超」低勝率でも
長期的に右肩上がりのEA
『何事も負けるが勝ち [ユーロ円版]』

びっくりするほど
低勝率です・・・

何事も負けるが勝ち [ユーロ円版] 「超」低勝率でも長期的に右肩上がりのEA ~何事も負けるが勝ち~

 

 

バックテスト

MakeruGaKachi_EURJPY_M5_V1.jpg

勝率27.31%
低い!低い!低い!
かなり低勝率です。
勝率重視の方は適しません。
この先を読まない方がいいです。

利大損小
平均利益7,639円
平均損失2,184円
利大損小で利益を積み上げます。
勝率は低いのですが
1回勝つと大きく利益を残せます。

私が没にしたEAで
この手のEAがいっぱいあります。
この勝率のEAで販売か・・・
令和のだぶるいーさん
ある意味チャレンジャーです・・・

公式ページはこちらから

 

何事も負けるが勝ちEAシリーズについて

★「超低勝率」でも勝てるEAがコンセプト★

EAを選ぶ時にはバックテストの「勝率」を重視する方もいると思います。 それは「負けて1pipsでも損失を出したくない」という心理が働いているからです。 実は本来、そんな考え方は、EAトレードにおいては不必要です。 裁量トレードでは、負けトレード後はメンタルに変化が現れますが、 EAは負けてもEA自体にメンタルの変化はありません。 EAが負けトレードを経て変化するのは運用者の心です。 そのEAが長期的にプラスになるのなら、運用者の心持ちに関係なく利益を生んでくれるでしょう。 そして、トレードにおいて重要なことは、「長期的に得失点差でプラスになること」です。 例え「超低勝率」であろうと、「長期的に得失点差でプラスになるEA」が今回のコンセプトです。

★「超低勝率」EAをポートフォリオに加える意義★

いわゆる「高勝率」EAは、コツコツ勝ってドカンと負けます。 そんなEAばかりをポートフォリオに組んでしまうと… もしポートフォリオ全てのEAのドカンのタイミングが一緒に来たら… 考えただけでもゾッとしてしまいます。 そうならない為にも、 「超」低勝率EAをポートフォリオに加える意義があります。

公式ページはこちらから

TOMO

コメントを残す