Exness(エクスネス)の特徴

 

Exnessは2008年に設立。
欧州圏をはじめとして
アジアや中東地域でも
知名度が高い海外FX業者。
日本人個人投資家を
積極的に獲得するため
日本語サポートも設置して
かなり利用しやすい。

 

Exnessのキャッシュバック率について


TariTali(タリタリ)経由で
新規・追加口座開設すると
取引する度に
キャッシュバックをもらえる。

通常キャッシュバック口座(還元レート95%)
スタンダード口座
スプレッドの38%

スタンダード口座
0.48USD〜144USD

プロ口座
スプレッドの16%

ロースプレッド・ゼロ口座
0.08USD〜16USD

取引口座へのお支払い(還元レート100%)
スタンダード口座
スプレッドの40%

スタンダード口座
0.45USD〜135USD

プロ口座
スプレッドの17%

ロースプレッド・ゼロ口座
0.05USD〜15USD

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

IBのお乗り換えについて

IBのお乗り換えは
ライブチャットにてExnessサポートまで
「IB番号 14258162 に紐づけて欲しい」
とお伝えると
TariTali(タリタリ)に紐付けできる。
紐づけが終了したら
取引するたびに
キャッシュバック口座になる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

キャッシュバックの最短出金日数

TariTali(タリタリ)では
立替払制度を導入しているので
業界最速のお取引後翌日中という
短時間でキャッシュバック出金可能。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

キャッシュバックの出金手数料

国内銀行振込
bitwallet
SticPay
振込手数料も無料。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

Exnessの詳細

無制限の最大レバレッジで
非常に人気の高い業者。
レバレッジに特化している。
スプレッドは狭いのですが
ボーナス付与は一切存在しません。

 

Exnessの概要

運営会社
Nymstar Limited

設立年
2008年

所在国
セイシェル共和国

所在地
F20, 1 st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

金融ライセンス
セイシェル共和国金融庁(FSA)SD025
キプロス証券取引委員会(CySEC)
英国金融行動監視機構(FCA)730729

事業開始年
2008年

証拠金管理
分別管理だがデロイトによる監査内容を常に公開

マイナス残高取扱
ゼロカット方式実装済み

最大レバレッジ
無制限(基本は2000倍)

日本語サポート
あり

こ欧州圏から東欧諸国
アジア全般に中東エリアまで
幅広い国でグループ全体としては
40万以上のユーザーが利用中。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

Exnessの特徴

Exnessの大きな特徴としては
ほとんど証拠金がかからずに
取引ができること。
他社にはないハイレバを利用した
ハイリスク、ハイリターンでの
取引を実現できることが
最大のメリットになる。
またFXの通貨ペアは103種類と
非常に多く上場されており
CFDの商品も株価指数
個別株、貴金属と豊富なので
国内業者では実現できない取引可能。
ここがメリットになる。
スプレッドは海外FXでも
とりたてて狭く設定してあり
ボーナスが支給されない分
リアル取引の投資家に
有利な条件でコストがかからなので
非常に大きな魅力といえます。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

口座タイプ

Exnessの口座タイプは
大きく分けて2つ。
ひとつはスタンダード口座で
もうひとつはプロ口座。
この2つの大きな違いは
最低入金額で
スタンダード口座は1ドル
日本円で100円から入金が可能ですが
プロ口座はより
大きなトレードを可能にするため
1000ドルを最低入金額としています。
プロ口座はロースプレッド、ゼロ、Pro
三つの口座タイプが設定されており
微妙に取引条件が異なります。

スタンダード口座は
取引手数料なしの変動スプレッドで
時間帯によって
保有可能な最大ロット数が制限される。
日本時間に換算しますと
16:00-翌05:59までは最大200ロット
6:00-15:59のいわゆる東京タイムは
最大20ロットと制限がかかります。

プロ口座でも同様ですが
ロースプレッドは
変動スプレッド+固定手数料(片道最大で3.5ドル)
ゼロ口座は取引時間帯の95%で
ゼロスプレッド+固定手数料(片道で3.5ドル以上)
Proは常に変動スプレッドである。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

レバレッジについて

Exnessで魅力的なのが
レバレッジ無制限です。
ただこれは実質的には
2,100,000,000倍となり
10万通貨を持つのであれば
証拠金はほぼ必要なしという
かなり画期的な取引条件となっている。
ただし、これが適用されるためには
以下の条件を満たす必要があります。

・5ロット以上の取引を達成すること
・10回以上のトレードを行っていること
・有効証拠金が999ドル以下を維持していること
つまり過少な証拠金で
一定回数取引していることが条件で
証拠金が増えると
この条件から外れるため
最大レバレッジ2000倍になるので
注意が必要です。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

レバレッジが制限される場合

Exnessのレバレッジは
そのほかにも条件を満たすと
自動的に制限をうけますので
取引前に十分に条件と仕組みを理解して
取引するようにしてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

有効証拠金額に応じた制限

Exnessでは
有効証拠金額が増えるにつれて
自動的にレバレッジが制限される仕組み。
詳細は以下の表のとおりとなります。

0 – 999ドル
無制限

1,000 – 2,999ドル
2000倍

3,000 – 9,999ドル
1000倍

10,000 – 19,999ドル
600倍

20,000 – 49,999ドル
400倍

50,000 – 199,999ドル
200倍

200,000ドル以上
100倍

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引口座は円建て可能

取引き口座は円建ての設定が可能で
入出金で無駄な為替の差損を生じることがない。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引単位

最小ロットサイズは0.01
つまり1000通貨から可能。
最大ポジション数自体は無制限。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引コスト

スタンダード口座は
スプレッドの中に
手数料が含まれていますので
基本無料になるので
ロースプレッドはほぼ3.5USD
ゼロ口座は通貨ペアによって
変動し最低が3.5USD
プロ口座は無料となります。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

取引プラットフォーム

Exnessの取引きプラットフォームは
MT4、MT5ならびに
webブラウザ上での取引が可能。
もちろんモバイル端末でも
取引きができるようになっています。
無制限のレバレッジを利用する場合は
あらかじめMT4を選択する必要があり
MT5を選択した場合には
無条件でレバレッジ上限は
2000倍に制限されますのでご注意ください。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

ゼロカット導入済み

Exnessでゼロカットを導入済み。
証拠金を超える損失がでても
追証を求められることは一切ありません。
ロスカット水準は0%ですから
最後の最後まで粘って取引が可能。

取引方法、EA等についての規制
ExnessではMT4上でEAを利用した
自動売買やスキャルピング等については
一切規制をかけていません。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

入出金について

国内で利用できるとなると
VISAカード
bitwallet
SticPay
ビットコイン
テザー
が利用可能と思われます。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

日本語サポートデスク

Exnessのサポート窓口は
電話とメール、チャットの3種類が可能。
平日は24時間体制で対応してもらえますが
日本語対応のサポートは
平日の12時から20時に
メールかチャットのみの対応となる。
時間は限られますが
対応レベルはかなり高いと評価を得ている。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

他社にはないハイレバレッジ取引きの仕組みを提供するExness

Exnessは海外FX業者としては
ハイレバレッジというスペックでは
競合他社には全くない無制限という
ハイレバレッジを提供している点が
大きな差別化ポイントとなっています。
もちろん無制限レバレッジは
一定の条件をクリアすることが必要ですが
そうでなくても基本的に
2000倍のレバレッジを提供してるので
レバレッジに魅力を感じる個人投資家は
ぜひ活用してみていただきたい。
欧州圏では12年以上の歴史を誇る
安定した企業であり
財務状況を逐次開示するなど
透明性の高い企業としても有名で
安心して取引することができる一社。
こボーナスが設定されていませんが
TariTali(タリタリ)経由なら
キャッシュバックを貰えるので
不足分を補うことができるので
口座開設する場合は
TariTali(タリタリ)経由でしてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す