年利100%以上、年間3000pips級 『KonokaSystem_USDJPY_M5』

 

 

3ポジで年利100%以上
年間獲得3000pips級
KonokaSystem_USDJPY_M5
グリッド、マーチンゲールのロジックは使っていません。

 

現在の成績

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング] [デイトレード]

最大ポジション数
3個

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
100

使用時間足
M5(5分足)

最大ストップロス
100pips

テイクプロフィット
100pips

両建て
あり

日本時間の
AM 00:00~PM 13:00を
ターゲットにしたDayTradeです。
通貨ペアはUSDJPYで
M5の終値で取引します。
グリッドやマーチンゲールの
ロジックは使用していません。
TPとSLは共に100Pipsで
やや大きくしています。
これは、大口の空売りによる
損失を避ける為です。
この他にも時間や
テクニカル指標を使った
エグジット方法があります。”

との説明の通り
SLは少し広めですが
実際は時間決済
テクニカル決済による
エグジッドがあるとのことなので
平均損失pipsは
もっと少なくなりそうです。

エントリーロジックに関しては
明かされていませんので
バックテストから
推測していくことにしましょう。

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

バックテスト

※バックテストデータは
販売ページから
DLすることが可能です。
公式バックテストデータを使用して分析しています。

バックテスト条件

スプレッド
0.5(pips)

期間
2000/1/3~2020/6/4

ロット
0.5lot

となっています。
終値でエントリーする
ロジックとのことで
コントロールポイントで
バックテストをしています。

バックテストデータを
Quant Analyzerで
詳細分析にかけてみました。

年間平均利益
16,876ドル(3375Pips)

月間平均利益
1,406ドル(281pips)

年間リターン
+168.76%

勝率
67%

年間平均取引回数
958回

平均獲得利益
68ドル
(0.5ロットなので13.6pips)

平均獲得損失
-85ドル
(0.5ロットなので-17pips)

リスク・リワード率
1.63

となりました。
20年弱のバックテストでの
平均が以上になります。
取引回数の多さと
3ポジションとはいえ
年間獲得Pipsが
3000pips以上!
というのがすごいですね。

では今度は月間
年間の詳細成績をみていきましょう

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

月別成績


月間ベースでの
負け越しが少ないですね。
2019年後半に取引がないのが気になります。

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

 

2010>2020をBTしてみた結果がこちら(0.5ロット固定です)


公式BTとは乖離があり
控えめな利益額となっていますが
それでも年間リターン
5000ドル~19000ドル
とかなりのものです。
バックテストの結果は
ヒストリカルデータで
多少ブレが出ますことを
ご了承ください。

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

年別成績


年間取引回数の多さと
安定した勝率が伺えます。
ちょっと利益額が見切れてしまいましたね…

 


グラフで見ると
このような感じです。
2000、2008、2009、2011年が
突出して良いですね。
直近5~6年は
年間リターンは少なめですが
3000~1万ドル程度利益なので
充分なのでは?
と思えます。

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

どんなトレードをするの?


▲青:BUY 赤:SELL

底で買い
天井で売りをしているので
レンジ逆張りタイプでしょうか

こちらは失敗しているケース。
RSIなどの
買われすぎ
売られすぎで
逆張りしているようにも見えますね。

いずれにせよ
順張りタイプではないんだなあ
ということがわかります。
ただ2008年前後が好調で
直近数年は芳しくない、、
という傾向を見ると
逆張り系だからといって
低ボラに強い訳ではなく
ボラティリティの高い時の方が
取引回数も利益額も大きくなるようです。

また、勝率は7割弱ですので
頻繁に負けると印象ですが
取引頻度の多さと
リスク・リターン率が
1.63あるので
取引のたびに利益が
コツコツ積み上がっていくタイプのEA。

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

推奨証拠金とリターンは?

直近10年を参照とする場合

最大DD0.1ロットあたり
1263ドル=13万円
3ポジなので
必要証拠金は 4.5万円×3

(4.53)+(132)=41.8万円

これは許容最大DD50%程度の
推奨証拠金となります。

それに対し年間平均利益は
1960ドル=22万円程度
になりますので
期待年利51%。

20年バックテストなら
0.1ロットあたりの
推奨証拠金33万円
年間平均利益35万円
期待年利107%となります。

期待年利が高いEAで
運用されたいなら
ご検討されてみてはどうでしょうか?

KonokaSystem_USDJPY_M5公式ページはこちらから

 

 

 

15.5万円キャッシュバック

本EAですが
公式バックテストからだと
年間915回する計算になる。

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
AXIORYナノスプレッド口座開設して
本EAで10万通貨運用した場合
年間キャッシュバック額は
15.5万円!

本EAの運用益の他に
キャッシュバック益も狙えるので
必ず利用した方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す