海外FXで出金拒否された場合の税金はどうなるのか?

海外FXで運用して
利益が出たので
出金しようとした時に
出金拒否・・・
なんてことがあると
税金はどうなるのか
調べてみました。

 

出金拒否された場合は経費?

出金拒否された場合は
経費になるから
税金は払わなくていい!

なんて
個人的に考えていましたが
出金拒否のケースだと
国内の所得税法が適用され
税金の支払い義務があります。
海外FXでの利益の額は
出金できる・出金できない
そんなのは関係ないです。

 

利益が発生するのは取引で決済した時

FXで取引した場合
利益が発生するのは
出金する時ではなく
取引で決済した時だからです。

海外FXの場合
出金拒否にあっても
利益分について
利益に対する税金計算し
確定申告しないといけません。

出金拒否に左右されません。
出金拒否があってもなくても
利益が出たら
確実に税金計算して
確定申告しなければいけないです。

出金拒否されたら
申告しなくていい
と考えるかも知れませんが
残念ながら
取引による利益があるなら
税金を逃れることはできません。

 

出金拒否を理由に納税が免除されません

出金拒否を理由に
納税を拒否できませんし
免除されることもありません。
遅らせることもできません。
税金を遅延させれば
延滞税がかかります。
利益が出ているのに
出金拒否を理由に
申告しなかった場合
無申告加算税として
15~20%余分に払うことになります。

税務署が悪質だと判断すると
延滞税・無申告課税の他に
重加算税も上乗せされます。
重加算税は
本来の納税額の40%です。
懲役刑になる可能性があるので
確定申告をして
確実に税金を納めてください!

 

出金拒否で納税しなくていい人もいます

出金拒否で出くわしてしまい
下記に該当する人は
利益を残していて
出金拒否にあったとしても
確定申告する必要がありません。

FXの利益が20万円以下だった人

給与所得のない人で
FXの利益が38万円以下だった人

給与所得のある人は
FXなど副業の所得が
20万円以下だった場合
所得税法で申告しなくていいと
認められているからです。
給与所得のない人も
基礎控除額が38万円なので
FXで得た利益が
38万円以下なら
申告する必要はありません。

 

海外FX業者の禁止事項をしないようにしてください

出金拒否されてもされなくても
海外FXの利益は変わりません。
利益から必要経費を差し引いて
収益がプラスになれば
その分が純利益になります。
確定申告の仕方も
出金拒否の有無に
左右されることなく
日本国内における
所得税法に基づき
所定の方法で申告します。

給与所得のある人で利益が20万円以下の人

給与所得のない人で利益が38万円以下の人

は申告不要です。
出金拒否を受ける場合は
各FX会社のトレードルールを
厳守していないことが多いです。
海外FX業者の禁止事項をしないようにしてくださいね。


TOMO

コメントを残す