勝率90%越えの
USDCAD専用スキャルピングEA
Hunting_Point_USDCAD_M5

Hunting_Point_USDCAD_M5
高勝率、低DDのUSD/CADのM5のスキャルピング

Hunting_Point_USDCAD_M5について

通貨ペア
[USD/CAD]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
15

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
10
その他
ブローカーによる

使用時間足
M5

最大ストップロス
200

テイクプロフィット
35
その他
内部ロジックによるトレーリングストップあり

両建て
なし

特記事項
ナンピン、マーチンゲールのロジックは使用しておりません

 

Hunting_Point_USDCAD_M5概要

○USD/CADのM5の多数ポジションのスキャルピングです。

○割と長めのスキャルピングになります。

○高勝率、低ドローダウンです。
(週末クローズ機能を使用すると成績がダウンしますので、ご留意下さい)

 

パラメータ設定

○Magic= 19053107
マジックナンバー

○Slippage = 4
スリッページ

○MaxSpread = 5
スプレッド

○Lots = 0.1
1ポジション当たりのロット

○MaxPosition = 15
最大ポジション数

○MM = false
複利設定

true:複利、false:単利

○Risk = 2.0
複利の利率(%)

※有効証拠金×利率の証拠金でエントリーできる最大ロットでエントリーします

○Take_Profit_pips = 35
1ポジション当たりのテイクプロフィット(pips)

○Trail_Start_pips = 15
トレーリング開始利益(pips) (全保有ポジションの平均)

○Stop_Loss_pips = 200
ストップロス(pips) (全保有ポジションの平均)

※負の数では無く、正の数を入力

○全ポジション決済(週末全ポジション決済) (ver2にて追加)

週末に全保有ポジションを決済するために使用します。
全ポジション決済後は、翌週の月曜日からエントリー再開となります。

それ以外にも指定曜日・時間に全ポジション決済、その後エントリーしないようにすることができます。
同じ週に、再度エントリーしたいときは、再設定し直して下さい。

・Comment_01 = “—–All Position Close Setting—–”
・Comment_02 = ” Set MT4(Server) Week&Time ”

・Week_Position_Close = false
ポジションクローズのオン/オフ ( true:クローズする、false:クローズしない)

※週末クローズすると成績が悪化するため、デフォルトでは、クローズしない設定になっております

・Close_Week_At_Server = ” Friday ”
ポジションをクローズする曜日を指定(プルダウンメニューで指定)

MT4(サーバ)の曜日を指定して下さい。

デフォルトは、GMT+2(冬)/+3(夏)のブローカーの週末全ポジションクローズを考慮し、
“金曜日”を設定してあります。(日本時間 土曜日)

・Close_Time_At_Server = ” 19:00 ”
ポジションをクローズする時間を指定

MT4(サーバ)の時間を指定して下さい。

デフォルトは、GMT+2(冬)/+3(夏)のブローカーの週末全ポジションクローズを考慮し、
“19:00″を設定してあります。(日本時間 2:00)

 

参考

○東欧時間(GMT+2(標準:冬)/+3(夏))と日本時間(GMT+9)の比較

GMT2(3)・JST.jpg

 

バックテスト

週末クローズした場合のバックテスト結果 StrategyTester(Hunting_Point_USDCAD_M5_V2 WeekEndClose=true).jpg StrategyTester(Hunting_Point_USDCAD_M5_V2 WeekEndClose=true).gif

 

まとめ

パラメータのデフォルト値の
ポジション数が多いことから
ストップロスしたときの
損失がご不安な場合は、
ロットを小さくするか
ポジション数を減らして下さい。
大きく稼ぎたい方は
そのままのロットで
運用するのもいいかも知れないです。

 

Hunting_Point_USDCAD_M5公式ページはこちらから

 

コメントを残す