主に重要度高の指標発表や
VIX(恐怖)指数の
値が上昇した時に
EA(自動売買ソフトウェア)を
停止するというFX投資家の方が
最近は以前にも増して
増えたという印象があります。

 

EAを停止した方が成績がいいことも・・・

恐らくですが
7月あたりから
各通貨ペアの値動きが
極端になることが多く
ついていけない
EAが増えたことから
動くタイミングには
停止しておいた方が
大きな負けを避けられると考えた
(実際にその方が成績も良くなるでしょうから)
結果だと思われます。

 

EAを指標や任意の時間などで停止ができるツール

そんなこともあり
EAを指標や任意の時間などで
停止ができるツールが
人気となっています。
その代表的な作品が

【EATradeStop】経済指標発表や任意の時間でEAを停止、開始できるMT4トレードツール
EAを時間指定や指標発表の前後で自動的に停止・再開するスクリプトプログラムです。指標情報を画面に表示する機能ももっています。

 

MT4に展開した状況をレポート

【EATradeStop】
実際にMT4に展開した
状況をレポートします。

マニュアルを読みながら
MT4に設定してみました。

開発者emijaさんが
作成した認証システムに
GogoJungleの購入コードや
ID(メールアドレス)を登録し
でMQL4→SCRIPTのフォルダーに入れて
【EATradeStop】を
チャート上に落とします。

下の画のような
パラメーターを表示して
IDと購入コードを入力すると
使用開始可となります。

パラメーターの設定が続きますが
英語圏・日本語の
ニュース情報から
引っぱって来るかの
選択を行ないます。

日本語を選択すると
ニュースは日本語で
表示されるようになります。

更に以下の画の
パラメーターの
NewsCountryの項目で
米国のニュースだけ
日本のニュースだけというように
国を指定することもできますが
この機能よりは
IsNewsHigh、Medium、Lowと
ニュース重要度を選択する項目を
操作する方が多いと思います。
基本設定は
Mediumまでを
停止するとなっています。

設定を終えて
【EATradeStop】を表示させると
以下のような画面が現れます。

下のオレンジ色の
三角で指したところは
ニュースを表示しています。
High、Medium、Lowの表示も添えて
基本設定ではLowだけ
停めないものとなっています。

今回はニュース情報を
英語圏のものを選択していますが
日本語を選択すれば
日本語のニュースが現れます。

上の緑色の三角で示した箇所は
ユーザー自身が
その横の表内に記載した
任意の停止時間を表示します。

トランプさんが
何か発表するという
ニュースが伝わったなど
停めた方が
良いかなと思った時間を
設定することができます。
チャート上の表に記載できるので
便利な仕様だと思います。

その他にも便利な機能を備えていて
いくつかご紹介すると

 

その他の便利な機能

緊急停止機能
スマートフォンからも
停止できる機能

証拠金維持率停止機能
証拠金維持率が指定値を下回った場合に
停止する機能

課題損失緊急停止機能
指定した損失が発生した場合に
停止する機能

恐怖指数(VIX)停止機能
恐怖指数が指定した値を超えた場合に
停止する機能

などがありますが
他にも、指定した停止時に
ポジションのクローズと
待機注文のキャンセル機能
停止に失敗した時に
お知らせする機能もあります。

EAの取引成績を
さらに向上するであろう
【EATradeStop】機能達を
使いこなしてみたいですね。

【EATradeStop】経済指標発表や任意の時間でEAを停止、開始できるMT4トレードツール
EAを時間指定や指標発表の前後で自動的に停止・再開するスクリプトプログラムです。指標情報を画面に表示する機能ももっています。

 

コメントを残す