ユーロドル1分足スキャル:単利+33%、複利7年で+667%増『flashes for EURUSD 』

最終更新日

 

 

ユーロドル1分足スキャル
単利+33%、複利7年で+667%増
Flashes for EURUSD

FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!10年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る

 

ストラテジーについて

通貨ペア
[EUR/USD]
取引スタイル
[デイトレード][スキャルピング]

最大ポジション数
1個

使用時間足
M1(1分足)

最大ストップロス
110

テイクプロフィット
60

Flashes for EURUSD公式ページはこちらから
 

バックテスト分析


2010~2017年の7年バックテスト、
スプレッド1.0pips
0.1ロット固定の場合は
純益が+46.9万円

年平均670pipsを獲得しています。
最大ドローダウンは8.4万円です。

固定ロットであれば
100万円口座で
0.4ー0.5ロットが最適ではないでしょうか。
0.4ロット固定で
年間26.8万円
0.5ロット固定で
年間平均33.5万円
これだけの利益見込みになります。

Flashes for EURUSD公式ページはこちらから

 

 

複利もあるよ!

flashes for EURUSDについている複利機能で
リスクを0.5にして
同期間でバックテストしてみました


0.5ロット固定よりも
複利運用のほうが3倍以上多い
+667万円の利益という結果になりました。
相対ドローダウンも36%と想定内です。

(年間勝率&利益)

複利効果爆発で
2年目以降は
毎年60万円以上の利益!
2017年に至っては
+200万円となりました

Flashes for EURUSD公式ページはこちらから

 

 

USDJPY版とEURUSD版、どちらがいい?

Flashes for EURUSDにはUSDJPYもあります。
馴染み深いドル円のほうが
人気ではありますが
では実力の差は
どれほどあるのでしょうか?

 

0.1ロット固定運用での利益比較

■USDJPY版 
0.1ロットあたりの
最大ドローダウン:20,710円

7年バックテスト利益額:239,440円

■EURUSD版 
0.1ロットあたりの
最大ドローダウン:84,552円
7年バックテスト利益額:469,305円

ドローダウンを揃えるとすると
ドル円版は
0.4ロットを持って良いので
95万円となり
EURUSD版の倍の
利益を稼ぐことになりますね。
証拠金が多ければ
USDJPY版でロット多めで
運用がいいかもしれません。
また、バックテストはいずれも
スプレッド1.0pipsで行っていますが
口座によっては
0.4-0.5pipsで運用することが可能です。

Flashes for EURUSD公式ページはこちらから


TOMO