TOMOです。

1ポジEAだと
資金管理がしやすいので
非常に人気が高いです。
この『くじらスキャル』も
1ポジEAなので
非常に人気になるかも?

 

【くじらスキャル概要】

通貨ペア
[EUR/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数

使用時間足
5分足

最大ストップロス
100

テイクプロフィット
10

ユーロ円を対象とした
1ポジションの
シンプルなEAです。
フォワード実績は
まだまだこれからですが
現時点でも勝率
PF等の成績が良いので
好調なスタートです。

【バックテスト分析】
バックテスト結果を見てみます。


1999.01.01‐2019.01.01

スプレッド1.0

0.1ロット固定

純益
+114.3万円
(年間平均 5.7万円)

最大ドローダウン
-6.7万円

総取引回数
6909回
(年間平均345回)

勝率
80.44%

PF
1.28

勝率が高く
総取引回数も
比較的多くなりました。

推奨証拠金額は
0.1ロット固定で
5+(6.7*2)=18.4(万円)
20年間のバックテストでも
ドローダウンが
低く優秀ですが
安全運用で考えるのであれば
19万円辺りからが
お勧めになります。
この場合の期待年利は
31%です。
平均獲得pipsは
1.7pipsになりました。

年月別収益です。

年間で収益が損失になったのは
2001年の一度だけでした。
利益が少ない年もありますが
単一ロジックであることから
上手くはまらなかった年が
約10年に一度の割合であるようです。
このような点は別のEAと組み合わせた
ポートフォリオを構築して
補っていきたいところです。

年別取引数です。

年別取引回数をみると
直近10年の浮き沈みが少なく
平均値が高く
安定しているように見えます。

ポートフォリオで分析
出品者である
FX貴族さんの他EAを用いて
通貨ペアの違う
ポートフォリオを組んで
分析してみます。

使用するのは
『スキャルピングゼウス』
をポンドドルと
『スキャルピングドラゴンV2』
のドル円です。
どちらもくじらスキャルと
同じタイプのスキャルピングEAで
使用時間軸が5分足の組み合わせになります。
分析環境は両EA共に
円建てで0.1ロット固定
スプレッド10
期間は20年間です。

スキャルピングゼウス
完全同一ロジックで最大9通貨ペアに対応

ゼウスは
複数の通貨ペアに対応しており
メジャー通貨であれば
組み合わせの選択肢が
多いのが利点です。
今回はくじらスキャルが
ユーロ円なので
通貨ペアの被らない
ポンドドルで
ポートフォリオを組みました。

くじらスキャル単体運用よりも
純益が50万円ほど増えました。
特徴的なのは
最大ドローダウンが7.4万円と
ゼウス単体

最大ドローダウンから
ほとんど増加しなかったところです。
通貨ペアが被らないので
共通した
相場変動の影響を受けづらく
リスクヘッジとして
機能していることが分かります。
くじらスキャルは
最大ドローダウンが
とても低いことも強みですので
最大ドローダウンの
影響が少ないのなら
ポートフォリオを組んで
利益アップを狙うのは
ベターな選択肢ではないでしょうか。

 

スキャルピングドラゴン V2
すべてが進化した最新型ドル円スキャル

高頻度取引で
成績も優秀な
ドル円の人気EA。
この組み合わせなら
決済通貨を円で
まとめて資金管理を
シンプルにできるのも魅力です。


純益としては
くじらスキャル単体時の
2倍近くまで収益を
伸ばす結果となりました。
こちらは左下のチャートで
両EAの推移が重なっていることからも
どちらにも円が絡んでいる分相場で
ロジックが機能する
損益の波長が増幅された
結果といえます。
くじらスキャルのみでは
損失だった2001年も
プラスに転じています(右下)。
反面、最大ドローダウンも
約1.2~2倍となりました。
利益を伸ばすポイントが
重なっているということは
損失を出すポイントも
重なる場合が多いので
一緒に組むEAの総ポジション数や
資金管理に注意が必要です。

 

ざっとですが
2つとも
ポートフォリオを組んだ結果は
なかなか良好です。
組み合わせるEAによる
違いの確認もできたかと思います。
今回のお相手
2つはどちらも人気EAですので
既に購入されている方も多いかと思います。
ぜひくじらスキャルも追加して
ポートフォリオの強化に
役立ててはいかがでしょうか。

公式ページはこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です