複利運用なら33億円の利益! 『ギガガルーラUSDJPY』

最大3ポジション
単利運用で1,400万円の利益!
複利運用なら33億円の利益!
『ギガガルーラUSDJPY』

【ギガガルーラUSDJPY概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]
[デイトレード]
[スイングトレード]

最大ポジション数
3

使用時間足
M15

最大ストップロス
74
その他
相場状況によって
48Pips~74Pipsの間で設定。

テイクプロフィット
0
その他
独自のトレーリングストップ機能及び
利確ロジックを採用。

両建て
なし

■正攻法からその先へ
コンセプトを
「有効性の高いAverage Downの追究」と定め
最大の特徴の機能として実装。

「Average Down」とは
「ナンピン」となります。

「破綻するまでポジションを取り続ける」
のではなく
「コスト分散の為の追加エントリー」
である事を強く意識して実装しており
ポジションは最大で3つまでしか取りません。

エントリー後
直ぐに反転して含み益となる場面よりも
直ぐに反転はせず相場が
中期的反転の様相となった場面に強く
ポジションコントロールにより
粘り強く利益に導きます。

■コスト分散型且つ高性能
コスト分散型ナンピンであり
損切りもしっかりと行われます。
その上で10年間の1.0ロットの単利運用且つ
最大3ポジションのバックテストで
PF2.84で2,800万円もの純益を記録。

■高期待利得
1.0ロットで運用した場合の期待利得が
+11,000円以上という
驚異的な数値を記録しています。

■長期トレンド発生時にエントリー数が増加
相場の継続的な方向性を判定する
エントリーロジックでは採用されており
これにより継続的な
上昇トレンド
下降トレンドと判定された場合は
その方向に積極的なエントリーが行われ
トレンドが継続している間
大幅に利益を稼ぎます。

■独自アルゴリズムトレーリングストップ機能
相場状況やエントリー位置によって
自身のパラメータを変化させ
最適な間隔でS/Lを更新し
最大の利益へと伸ばしていく
独自アルゴリズムの
トレーリングストップ機能を採用。
この機能を根幹に置き
考案・実装・最適化されています。

■可変ストップロス機能
エントリー時に
相場状況やエントリー位置によって
48Pips~74Pipsの間で最適な値に設定。
可変ストップロス機能を採用しており
これにより大きなドローダウンを防ぎます。

■複数EA同時運用向けの機能を搭載
余剰証拠金の割合によるエントリー制限や
複利運用時の参照する資金の設定など
限られた資金で複数のEAを運用する場合
有用な機能を備えています。

厳選した
9種類のエントリーロジックを採用。
長期順張り且つ短期逆張りを主軸に
「チャートの動きから今後大手の仕掛けにより大きな動きがありそうな方向を読み取る」
のを全体の戦略としています。

【バックテスト】
10年間の長期バックテストで
70%を超える勝率と2.80を超えるPF
そして高い利益を記録しています。

■ロット数1.0での単利運用時
必要証拠金135万円未満からスタートし
10年で2,800万円以上の利益を記録。

image

■レバレッジ3倍での複利運用時
(複利運用を使用したバックテストを掲載している他のEAとの比較用)
開始資金100万円で
必要証拠金45万円未満からスタートし
10年で33億円以上の利益を記録。
(初期必要証拠金から7,300倍以上)

image

複利運用33億円

もしかすると
宝くじよりも
億り人』になれる可能性が高いかも!?
複利運用で夢を膨らましてみませんか?

ギガガルーラUSDJPY
10年間の0.5ロット最大3ポジションの単利運用で1,400万円の利益 PF2.80超 1.0ロット運用時期待利得11,000超
10年間の0.5ロット最大3ポジションの単利運用で1,400万円の利益 PF2.80超 1.0ロット運用時期待利得11,000超?|?fx-on.com