断然複利運用がオススメ!
『勝てるFX』で
年利50%以上を狙う!

【勝てる!超次元FXミドル版 概要】
通貨ペア
[EUR/USD]

取引スタイル
[デイトレード]

最大ポジション数
2(1~3まで設定で変更可能)

最大ロット数
5(ナンピン又は逆ナンピン時は 5×2)

使用時間足
M5

最大ストップロス
84(通常早期損切りします)

テイクプロフィット
630(早期に利益確定します通常(7~15pips))


【トレード例】
■2008年以降の複雑化した波形の
第3次、第4次を対象に
勝率によって
ロットを変化させるEA
ロジックは
高速なインジの
Williams Percent Rangeと
あるインジの微妙な揺らぎから
第3、第4(仮称)の波動を検出しています。
不要な波動をフィルタリングして
その段階で勝率の良いロジックを
幾つか導き勝率でロット数を
4種類に分けています
相場の状況に応じて
ロジックの勝率に対して可変で
単発の初回ロットサイズから2倍
または3倍、または4倍と変更します。
つまりある時期は
あまり勝率が良くない時は、
例えば、基本ロット0。5Lotsで
0。5Lots(単発時、最大数量はそのX2ヶ)で運用していて
ある勝てそうな時期(一瞬)は
1Lots(2倍)なり
もっと勝てそうな時は
1.5Lots(3倍)になり
最大で基本X4倍で
0.5X4=2Lotsとなる訳です
(マーチンではありません)
なお、設定で2倍~4倍をOffにして等倍にも出来ます、
又2段打ちを停止(単発)も出来ます
(3段打ちまで変更可)
…と説明にはありますが
難しいですね

 


実際のエントリーポイントを見てみましょう!


2

2
大きくとるのではなく
小さな波をかすめ取るという感じですね。
ロジック毎に
ロットの大きさを変化させているのも特徴的です。

 

パラメーターが複雑で
びっくりするかもしれませんが
通常はMM(複利)の設定と
ロット数設定をするだけで大丈夫です。

このバックテストでは
MMがTrueになっていますから
100万円の証拠金で複利運用し

5年半間運用した場合のテストになります

純利益は+34,739ドル
複利なので相対ドローダウンを見ます。
相対ドローダウン:18.4%
勝率 78%
総取引回数692回(年間平均125回)
となりました。
5年間で+350%増! 
相対ドローダウンの低さを考慮すると
良い利益率ではないでしょうか!

2

年別で見ると
直近3年の利益額が
8000ドル水準で
素晴らしい。
複利運用ですので
運用年数が立つほど
利益額は増えていきます。
長期間のバックテストに関しては
この「勝てる!超次元FX」は
直近数年の相場に合わせたEAになっているので
あまり長期間のバックテストをして
も意味がないかと思います。
実力が全て!と思う
フォワード重視の方にオススメの一品です!

「勝てる!超次元 Fx EURUSD」(ミドル版)
BT7年で$1万が、$1000万に

 

BT7年で$1万が、$1000万に?|?fx-on.com