利益確定の確度の最大化が望める環境下でエントリー『Tactical-FX(GBPJPY)』

 

膨大なデータを抽出・整理・解析し
統計的かつ論理的に導いた
利益確定の確度の最大化が望める環境下で
エントリーのタイミングを狙う
Tactical-FX(GBPJPY)

 

ストラテジーについて

対象通貨ペア
GBPJPY

稼働可能時間足
M15

プロフィット(TP)
370 pips

ストップロス(SL)
80 pips

取引数量制限
なし

両建有無
あり

最大ポジション
3個

通貨ペア毎に傾向を解析し
統計的かつ論理的に
ロジックに有利な環境が発生する
市場や時間帯を掌握し
ロジックに反映。
統計的かつ論理的に
勝ちやすい場所を選んでおき
その場所でロジックどおりの動きを検知し
機を逃すことなく
テクニカルトリガーによって
エントリーを発動する
「超合理的な新戦術FX」

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

(1) 通貨ぺアに応じ勝ちやすい環境下でエントリー待機

データから導いた
勝てる確度が高い状況下で
エントリーを狙います。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

(2) 最適化されたトレンド判断と機を逃さないエントリー

当EAはトレンドの
「押し目」「戻り」に応じ
「買い」エントリー
もしくは「売り」エントリーを発動。
トレンドの判断は
複数の時間足の組み合わせと
移動平均線との関係で
誤判断を局限する方法を用いている。
エントリーのタイミングは
オシレーター指標を効果的に組み合わせ
最適値を算定し反映させている。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

(3) 利益の最大化と損失の最小化

● トレイルストップで利益確定の最大化

上述したとおり
当EAはトレンドの
「押し目」「戻り」に応じ
「買い」エントリー
もしくは「売り」エントリーを発動。
どちら向きのトレンドであっても
利益が追求できるように設計。
エントリー後は
状況に応じて柔軟に
「トレイルストップ」が発動され
損失を限定しつつ
利益の最大化が狙える。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

● ハイリスクエントリーの停止機能

週明けの時間帯を
単純に回避するのではなく
トレンドが発生していると判断されても
変動が激しい場合は
エントリーを見送る機能が実装。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

● マーチンゲール、ナンピンなどはありません

危険を伴う
マーチンゲール、ナンピンは
当EAでは一切採用していない。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

● ポジションを翌週に持ち越さない機能

パラメータの設定により
夏時間、冬時間に応じて
土曜日の深夜にポジションを
強制決済する機能が実装。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

● 年末年始に、エントリーを停止する機能

パラメータの設定により
年末年始の新規エントリーを
停止させることができる機能。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

 

バックテスト

通貨ペア
GBPJPY

期間
2013.01.01 – 2020.01.31

モデル
全ティック

モデリング品質
90.00%

スプレッド
10

初期証拠金
200000.00

純益
1291604.60

プロフィットファクタ
1.93

最大ドローダウン
110420.10 (8.78%)

総取引数
627回

勝率(%)
60.61%

平均
勝トレード
7044.25
敗トレード
-5608.15

Graph

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから

成績がいいEAなので
確認してみましたが
バックテストスプレッドが
たったの1.0pipsに設定・・・
EA-BANKやテラスに出品すると
ポンド円でバックテストする場合
『最低3.0pips』
で設定するように指定されることがあり
この1.0pipsの設定だと
バックテストの成績が良くなる傾向が・・・

2.0pips増やした場合だと
純益2500ドル程度減少が推測でき
また、勝率は悪くなることから
今のバックテストからだと
まったく判断できないEAになる。
本EAで運用するなら
1.0pips以下のスプレッドでないと
勝てる可能性が低いので
口座選びが大切になる。

海外FX業者だと
スプレッドが狭い
AXIORYナノ口座でも
・取引手数料
TariTali(タリタリ)キャッシュバック
この2つを考慮しても
1.0pips以内に収まることはないので
口座選びが厳しいEAになる。

また、今後スプレッド負けで
成績が悪くなる可能性が強いことから
本EAに関しては
個人的にオススメできないと判断しました。

Tactical-FX(GBPJPY)公式ページはこちらから


TOMO

コメントを残す