損小利大で損益を積み重ねる「CounterQ」

運用開始から約4年
勝率とPFはフォワードと
バックテストの乖離が少ない
ドル円通貨ペアで24時間稼働EA
『CounterQ』

【counterQ概要】
通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[デイトレード] [スキャルピング]

最大ポジション数
1

最大ロット数
0.1

使用時間足
M5

最大ストップロス
120

テイクプロフィット
25

■2018年月次分析

2018年の月次は
1月から3月にかけて
大きく勝ち越しています。
4月、6月、9月に落ち込んでいますが
5月、7月、8月、11月は戻しています。
11月は唯一の損失となりましたが
12月にはプラスと持ち直しており。
全体ではプラスの収益となっています。

■2019年月次分析

今年の月次分析は3月までですが
1月は好調です。
一方で2月は調子を悪かったようですが
3月は持ち直してきているようです。
場合によっては
収支がマイナスになることもあるようです。

PFは1.28で
勝率は70%と
優秀なEAであると思います。

基本的に24時間稼働のため
指標発表時などでは
リスクが大きくなるようです。

特に夜中などの
運用者が対処できないような
時間帯に相場が大きく動く
イベントリスク発生する可能性があるときは
起動停止することが
最善だと思われます。

■バックテスト


2008.01.01‐2018.12.30
スプレッド1
純益+71.3万円(年間平均 6.5万円)
最大ドローダウン 3.5万円(2.12%)
総取引回数 2359回(年間平均214回)
勝率72.87%
PF1.56

注目したい点は
最大ドローダウンの低さです。
1%台と非常にリスクが小さく
初心者でも使いやすいと思われます。
推奨証拠金額は0.1ロットで、

(4.5)+(3.5×2)=11.5(万円)となります。

期待年利は56%です。

■月別・年別損益


月間を見ると
トータルはプラスですが
大きく負けるときもあるようです。
年間は通年でプラスとなっており
かなり優秀だと分かります。

フォワードとバックテストを比較すると
そんなに大きな差がありませんが
最大ドローダウンの割合は
フォワードの方が
大きくなっているので
実際に運用する際には
注意する必要がありそうです。
証拠金も
ドローダウンも金額が少ないので
24時間運用による
リスクを把握していれば
EA初心者にも使いやすいと思います。

CounterQ
定期的に利益更新!バックテストとの乖離があまりないEA

 


TOMO