2015年1月15日に
スイスフランが急変動しました。
わずか5分で
スイスフラン絡みの通貨が1,600pips
20分で3,700pipsも動いてしまいました。
国内FX業者では
どのようなことが発生したかというと
歴史的な急変動だったために
ロスカットが発動せず
証拠金以上の大きな損失になり
多くのトレーダーが
追証(借金)を負うことになりました。
ネット検索をすると
数千万円の借金をされた方も・・・
追証になった証拠金は
FX業者に証拠金を入金して
借金を返済しないといけません。

日本の法律が
昭和40年に損失補てんを禁止する法律があるため
これらの追証は
トレーダーが負担しないといけません。
リスクをトレーダーに負わせるような追証(借金)
これって・・・

その点
海外FX業者だと
ゼロカットを採用しているため
多くのトレーダーは
証拠金以上の損失を被ることがなく
ほとんど追証が発生しませんでした。
この点が評価されて
海外FX業者が
大きく注目され始めました。
ゼロカットを採用して
トレーダーを守る海外FX業者と
国内FX業者を守るための追証(借金)という
理不尽なシステム・・・
どっちで運用した方がいいのか明白かと思います。

スイスフランショック
チャイナショックなど
歴史的な急変動は
そうそう発生することが少ないですが
もしもの時の『安心』のために
ゼロカットを採用していて
追証(借金)がない海外FX業者で運用を
ご検討されてみてはどうでしょうか?