ねこ博士のAUDCAD専用の
最大30ポジションのナンピン系EA!
推奨証拠金や期待年利など
気になる点を
バックテスト分析します!


【EA_Blizzard
概要】
通貨ペア
[AUD/CAD]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
30

使用時間足
M5

最大ストップロス
0
※指定の最大損失値(初期値:5000ドル)で損切りとなります)

テイクプロフィット
50

~EA_Blizzard~
このEAは、高頻度でスイングトレードを行う
無敗系のナンピンEAとなります。

コツコツと
利確を繰り返すことによって
バックテストの通り
2005年~2018年現在まで
ドローダウンすることなく
無敗状態を維持しております。

【トレードスタイル】
本EAのトレードスタイルは
「ナンピン系」で
最初に「0.01Lot」でエントリーし
『+50pips』の
利益確定を狙いにいきます。

エントリーとは逆方向に
値が動いた場合には
Lotを0.01Lotだけ増やした、
『0.02Lotでの、追加ポジション』
を建てます
(ナンピンエントリー)。

必要に応じて
ナンピンポジションを追加し
全ポジションのトータルの損益
が常に「+50pips」となるように
利確をしていきます。

巷によくあるナンピン系のEAでは
『ごく狭いTP値』のEAが多く
リスクの割に
収益性がいまいち
という場合が多いのですが、
本EAでは
TP値が「+50pips」ですので
比較的「広めの値幅」の
利益を得ることができ
ナンピン系でありながらも
高い収益を狙うことができるという
かなり珍しいタイプの
EAとなっております。

(販売ページ商品説明より抜粋)

 

【バックテスト分析】

AUDCAD5分足

2005.01.01-2019.01.11

スプレッド3.0pips

初期値0.01ロット、最大0.3ロット

純益+25047ドル(年間平均1789ドル)

最大ドローダウン -2529ドル

総取引回数 17975回(年間平均1283回)

となっています。


バックテストの
損益チャートを見てみると
2018年始めに
含み損が増えていることがわかります。


【トレードイメージ】

トレンドに逆行して
逆張りナンピンを
交互にしていきます。
最大30ポジションまで持つ設計です。
等間隔にポジションを
追加していくわけではないため
戻り安い高値で売りを入れ
上がりやすい
安値で買いを入れていくため
比較的プラスに転じやすいです。
トータルで50pips
利益となったところで
一括決済をしていいます。
ナンピン回数が増えたほうが
ロットが大きくなるため
この利益は大きくなります。



【推奨証拠金と、最大ロット数、最大ドローダウンについて】
ナンピン系EAで
最も心配なのは
必要証拠金がどれだけ必要か?
という点だと思います。
初期設定の0.01では
最大で3.0ロットまで
ポジションを持ちますので
30ポジションすべてを
持った場合の
最大ロットは4.65ロットです。
これに最大ドローダウンを加味して
推奨証拠金を割り出します。

AUDCADの0.1ロットあたりの
必要証拠金は
少なめの3.1万円ですので

(3.1x46.5)+(27.8*2)=199.75

約200万円あると
最大ドローダウン50%以内で
安心して運用可能です。

ただし
2005年からの
14年バックテスト中
最大ポジションまで保有したのは
2007年11月の
最大0.28ロットまでです。
次いで大きかったのが
2009年の0.24ロットです。
通常は0.2-0.21ロットまでが
最大ですので
推奨証拠金は
180万円程度も問題ないでしょう。

 

 

【月別損益、年別損益】
ナンピン系EAの特徴で
月ごとのマイナスがほとんどありません。
マイナスになっているのは
月をまたいで
ポジションを持っていたものが決済され
前月に保有したポジションが
決済時に
マイナスになっているためです。

年毎の利益額を見ると
2008年が特に良いですが
平均して1000ドル以上稼いでおり
安定した利益を継続しているのが特徴です。

平均すると
年間1800ドル弱の
利益額となっており
レバ25倍のFX会社では
推奨証拠金180~200万円に対して
年間10%前後
利益を見込むことができます。

一攫千金EAというよりは
堅実な資産運用EAと言えるでしょう。

ナンピン系といっても
初期設定では
最大ドローダウン
2000ドル台で収まる
破綻リスクの極めて少ないEAです。

EA_Blizzard
ほぼ毎日のエントリーで安定収益を積み上げるEA