強いトレンド相場で活躍!「ベストフレンド」 期待年利やホワイトフェニックスとの違いは?

「ホワイトフェニックス」の開発者
LONEさんの新作は
大きなトレンド相場に強いデイトレEA!

『ベストフレンド』

【ベストフレンド概要】

通貨ペア:[USD/JPY]:[デイトレード]

最大ポジション数:3

最大ストップロス:35 その他: 買いが35pip、売りが40pipとなります。

テイクプロフィット:50 その他: 買いが50pip、売りが65pipとなります。

フォワード運用はまだ1ヶ月弱で
取引回数は3回と少なめですが
年初の暴落時にも果敢にトレードをし
負けを繰り返しつつも日ベースでは
大きく勝ち越しました。

 

【バックテスト分析】

2005.01.10-2018.12.30
0.1ロット固定
スプレッド1.0
純益+132.7万円(年間平均10.2万円)
最大ドローダウン 8.8万円
総取引回数1849回(年間平均140回)
平均獲得金額 3903円
平均損失金額 -3117円
勝率54.6%

となりました。
TP:SLが1.2:1で
利益のほうが少し多めの設計で
勝率はすごく良いわけではないですが
5割台をキープしていることで
利益が少しずつ積み重なっていくタイプのEAです。

推奨証拠金について

(4.5*3)+(8.8*2)=31.1

レバレッジ25倍の場合
31万円あたり0.1ロットで運用可能です。
その場合の期待年利は
28%といったところでしょうか。

(月別・年別損益)

月別でみると8月が弱い傾向があります。
また
相場が動かないとトレードをしないので
取引がない月
もちらほら見られます。

年ごとでは大きく動いた
2008年の利益が突出しています。
直近では2016年に利益が大きかったですね。
2019年は年初から円高に触れましたが
これから大きく
動くようであれば
利益の大きい年になるかもしれませんね!

 


【ホワイトフェニックスとの違い、相性は?】

LONEさんの第一作「ホワイトフェニックス」と比較して、どのような違いがあるのでしょうか?

ホワイトフェニックス
最大保有ポジション数が9なので
最大ドローダウンが大きくなり
推奨証拠金が多く必要になります。
0.1ロットあたりの推奨証拠金は116万円で
年間平均獲得金額は74万円
期待年利は63%です。
ポジション数が多いため
総取引回数も年間あたり1200回と多めです。

一方ベストフレンドのほうは
0.1ロットあたりの
推奨証拠金は31万円で
年間平均獲得金額は8.8万円
期待年利は28%程度です。

メインで運用するEAというよりは
いざトレンド相場の時に
サブで大きめのロットで運用したい
EAではないでしょうか。

価格も良心的です★

ベストフレンド
王道順張りデイトレロジック!損小利大で長期的な利益を狙うEA
王道順張りデイトレロジック!損小利大で長期的な利益を狙うEA?|?fx-on.com