キャッシュバックを利用してXMで安定的に利益を出す方法

 

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設して
その口座で取引をすると
キャッシュバックを現金でもらえる。
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設をして
10万通貨で取引した場合
取引毎に8.5ドルキャッシュバック!
1ドル100円で計算すると
10万通貨で取引するたびに
850円の利益を確定するのと同じ。

この取引するたびに
キャッシュバックが発生する
TariTali(タリタリ)について
この記事では解説をする。

 

キャッシュバックでどれくらい稼げるか?

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
その口座で取引するたびに
10万通貨当たり
8.5ドルキャッシュバック!
(1ドル100円で計算すると850円)

これを1日に10回行うと
1日の利益は8,500円。
1か月22日で計算すると
1か月18.7万円になる。

更に稼ぐためには

・取引回数を増やす
・取引量を増やす
・資金を増やす
のいずれかが必要になる。

いずれもリスクが高くなるので注意が必要。
自分の実力を見極めながら
取引ルールを決めないと
資金破綻してしまうのでご注意くださいね。

 

 

XMのキャッシュバックは2つある

XMの場合
キャッシュバックは
TariTali(タリタリ)とXM
両方から享受することができる。

 

XMでTariTali(タリタリ)キャッシュバックをもらうには5分ルールがある

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
XMスタンダード口座開設して
取引するたびに報酬が発生しますが
XMでキャッシュバックをもらうには
5分以上ポジションを保有する必要がある。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

XMPでキャッシュバックをもらうには10分ルールがある

XMの場合は
TariTali(タリタリ)からの
キャッシュバックとは別に
XMPのキャッシュバックを受けることが出来る。
XMPのキャッシュバックは
10分以上ポジションを保有する必要がある。

この2つを利用することで
取引であまり利益がでなくても
キャッシュバックで稼ぐことができる。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

両建てすることでキャッシュバックを稼ぐ方法

キャッシュバックを稼ぐ方法として
「同一口座内での両建て」がある。
XMスタンダード口座の場合
ドル円平均スプレッドが2.0pips程度。
「同一口座内で両建て」をする場合
スプレッドによる損失は2倍の4.0pips。
※計算式(買い1個+売り1個)×2
このスプレッドによる
損失分がゼロになる
4.0pips利益が乗ったタイミングで
「同一口座内で両建て」を行う。
このような取引をすることで
キャッシュバックをもらうことができる
5~10分決済ルールを
ノーリスクでクリアすることができる。
5分決済ルールの制約を
ノーリスクで乗り切ることが出来る。
この紹介している方法ですが
キャッシュバックで稼ぐことが前提で紹介。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

マイルールで確実に取引する

ポジションを保有して
要人発言・経済指標などで
ポジションの含み益が
急激に増えることがあるが

こんな時にどうするのか?

ルール決めする必要がある。
いわゆるマイルールを決めて
機械的に取引しないと
損してしまう可能性が高い。
キャッシュバックで稼ぐ場合は
スプレッド4.0pips以上の
利幅になった時に両建てした方が
リスクを考えると良い。
また、決済に関しても
片方のポジションに
利益が乗っているから
決済を遅れさせるのではなく
両方一気に決済した方が
資金を減らすことが少ないので
これも注意した方が良い。
いずれにせよ
マイルールを決めて
機械的に取引した方が
利益を残しやすいので意識しましょう。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

両建てしたら翌日まで持ち越さない

ほとんどの通貨ペアでは
買いと売りでスワップポイントが異なる。
両建てしたまま翌日まで持ちこすと
マイナススワップで損になる。
両建てしたら翌日まで
ポジションを持ち越さないようにした方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

まとめ

マイルールを確実に遂行することが
利益を残す秘訣になる。
取引で資金を減らさないよう
日々の取引をするようにしてくださいね!
また、TariTali(タリタリ)経由でないと
キャッシュバックをもらえないので
TariTali(タリタリ)登録されてから
新規・追加口座開設するようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 


TOMO

コメントを残す