TariTali(タリタリ)  1ヶ月間17.6万円キャッシュバック

 

海外FX運用すると
取引するたびに
スプレッド・手数料が取られますが
その一部が戻ってくると嬉しくないですか?

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設して
その口座で運用すると
スプレッド・手数料の一部が
トレーダーに戻ってくる。

FX業者のHPで
直接口座開設すると
キャッシュバックはもらえませんが
TariTali(タリタリ)経由だと
キャッシュバックをもらえる。
TariTali(タリタリ)を経由しなにで
取引をしている人は
もらえるお金を捨てているのと同じ。
しかもその金額は馬鹿にできないほど戻ってくる!

この記事では
馬鹿にできないほど現金が戻ってくる
TariTali(タリタリ)
キャッシュバックについて解説する。

 

馬鹿にできないほど現金が戻ってくるTariTali(タリタリ)

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設して
その口座で取引をすると
馬鹿にできないほど現金がもどってくる。

海外FX業者のなかで
無料でEAを使用できることで有名な
GEMFOREXオールインワン口座を
TariTali(タリタリ)経由で口座開設。
その口座で取引した場合
10万通貨で取引するたびに
0.8pips(800円)がキャッシュバックされる。

 

1日1回の取引を1か月すると

800円×1回×22日=17600円キャッシュバック

 

1日5回の取引だと

800円×5回×22日=88000円キャッシュバック

 

1日10回の取引だと

800円×10回×22日=176000円キャッシュバック

これは結構でかいですよね!
FX業者のHPで
直接口座開設すると
このでかいキャッシュバックはなし。
TariTali(タリタリ)経由で
海外FX口座開設~取引すると
このでかいキャッシュバック発生するので
絶対にTariTali(タリタリ)を利用した方が良い。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

すでに口座を持っていても大丈夫

すでに取引したいFX業者で
口座をお持ちの方でも
TariTali(タリタリ)リンク経由で
追加口座を作れば
キャッシュバックがもらえるので
気になる方は
試してみてください!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

TariTali(タリタリ)のデメリット

正直海外FX業者を利用する方には
メリットの方が多い。

・出金申請したら当日~数日に出金される。

・出金手数料が驚きの無料!0円!

・取引すればする程お金が増える!

本当に凄い!
海外FX業者で運用する方にとっては
神的な存在になる。

ただ、唯一デメリットは
ボーナスを利用できないこ。
FX業者によって変わりますがXMだと

50万円入金したら
50万円ボーナスプレゼント

このような太っ腹サービスがあるのですが
TariTali(タリタリ)経由で
口座開設するともらうことができない。
ただ、そのボーナス分出金できません。

入金した50万円がなくなっても
ボーナスの50万円で取引できますよ!

という程度になる。
ロット数を大きくできたり
相場から退場する確率が
少し低くなるのは良い点なので
XMで口座開設する際は
XMのHPから直接口座開設して
ボーナス対象口座にし
そのボーナス分なくなってから
TariTali(タリタリ)経由で
追加口座開設することで
キャッシュバック口座を作るようにしてください。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

取引が好きな方に最適!

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)ですが
・高頻度取引EAで運用
・複数EAで運用
これらの方だけでなく
裁量取引されている方にも適している。

トレードしたい!トレードしたい!

なんてポジポジ病の方には
最適かも知れませんね。
取引するだけで現金報酬がもらえるので。
取引結果が建値撤退だとしても
キャッシュバックが入るので
プラスに終わらすことができるので
TariTali(タリタリ)を利用しないのは
お金を捨てているのと同じ!
キャッシュバックが気になる方は
ご検討されてみてくださいね。

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 

 

まとめ

これでTariTali(タリタリ)の良さは伝わりましたか??

キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用して
最終的に残るお金が増えた方が多数いる。

・海外FXをやろうとしている方

・海外FXやっているがTariTali(タリタリ)はやってない方

是非無料登録して
投資リスクを減らすようにしてくださいね!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す