フォワード約1年で収益率60%超え!
リスク・リターン率7.53
プロフィットファクター28
驚異の利大損小EA
『上がり3ハロン』

【上がり3ハロン概要】

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
1

使用時間足
M5

最大ストップロス
90

テイクプロフィット
10

フォワード運用11ヶ月
1ロット運用で
+32万円の利益
収益率63%達成!

トレード回数は
41回と少なめなのですが
最大DDが4万円と極小なのと
勝率が97%なので
とても利益率がよく
プロフィットファクター
(総利益÷総損失)はなんと28!

毎月の獲得Pipsは
少なめではありますが
大きなマイナスの月がないというのは
運用していて安心できる点ではないでしょうか。

それでは
バックテストからの期待年利と
運用上の注意点を見ていきたいと思います。

【バックテスト】

2005.01.10-2017.12.30
0.1ロット固定
スプレッド1.0
純益+37.9万円(年間平均 3.1万円)
最大ドローダウン 2.6万円
総取引回数 1313回(年間平均109回)
勝率92%
PF 1.63

となりました。

0.1ロットあたりの推奨証拠金は
(4.5)+(2.6*2)=9.7万円
約10万円につき 0.1ロットでの運用が可能です。

平均年間利益額が3.1万円なので
期待年利は
+30%といったところでしょうか。

(月別・年別損益)

月別でみると
2014年は一度もエントリーしない月が
3ヶ月あったりと
やはりトレード回数の少なさは感じます。
大きく利益を取れる月が
年に何回かあるイメージですね。


年間を通して見ると
2008年が突出しているので
大きなトレンドの出る年には
トレード回数も多く
大きく稼いでいるようです。

直近5年を見ると
平均獲得金額は2.5万円ほどなので
年間200~300pipsは
コンスタントにとってくれそうですね。
2018年のフォワード実績を振り返ると
+320pips獲得していますので
例年よりも 上がり3ハロンに合っていた相場だったことがわかります。

【上がり3ハロンのプレミアム版との違い】
上がり3ハロンには
トレーリング機能と
複利機能がついた
プレミアム版があります。
フォワードを見比べてみるとわかりますが
トレーリングストップで
利益が伸びるケースもあれば
固定TPよりも
少ない利益になってしまうケースもあり
なかなかどちらが良いとは言いにくいです。

獲得Pipsを比較すると
このような違いになりました。

しかし長期運用を視野に入れた場合においては
2,3年で利益額には
大きな差がでてくると思われます。
なぜなら勝率がよく
プロフィットファクターが高いからです。

複利で3年運用したバックテストの結果がこちら

30万円→200万円に!
純益は+169万円で
+500%以上の増加率です。
デフォルトの複利設定で
相対ドローダウン30%未満ですので
リスクも問題ありません。

【まとめ】

商品レビューに
「なかなか出走(トレード)しない…」
とあるように
月平均トレード回数は3~4回。
月に一度もエントリーしないケースもあるので
毎日トレード結果をチェックしたい方は
やきもきするかもしれませんね。

そこは各EAの特性をよく理解した上で
「上がり3ハロンは勝率もPFも良いけどトレード回数は少ないもの」
と割り切って
半年~年間単位で運用しましょう。
また、トレンド相場に強いので
大きく動くような
「危険」と呼ばれる相場において
本領を発揮してくれそうです。

固定ロットでポートフォリオに入れるか
数十万円程度から
複利で運用するのに向いているでしょう。

上がり3ハロン
「ワンポジ・SL値90Pips・ポジションの翌週持ち越しなし」を実現した高勝率のスキャルEA

上がり3ハロンのプレミアム版(複利機能付き)
上がり3ハロンのプレミアム版(複利機能付き)