収益率59%!獲得Pipsが6000pips!『Premia_Scal_USDJPY_M1』

収益率59%
獲得Pips 6000pipsという
好調な成績を叩き出している
『Premia_Scal_USDJPY_M1』

特徴的なのは朝スキャ
20ポジションという
多数ポジションである点。
その特徴を見た行きたい。

Premia_Scal_USDJPY_M1
日本時間の早朝にエントリーするUSD/JPYのM1のスキャルピングです

 

 

現在の成績

Premia_Scal_USDJPY_M1公式ページはこちらから

 

 

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]

取引スタイル
[スキャルピング]

最大ポジション数
20個
その他
ポジション数が多いと思われる場合はロットを小さくして下さい

運用タイプ
複数枚運用

最大ロット数
100ロット
その他
ブローカによる

使用時間足
M1(1分足)

最大ストップロス
50pips

テイクプロフィット
30pips
その他
内部ロジックにてトレーリングストップあり

両建て
なし

特記事項
ナンピン、マーチンゲールのロジックは使用しておりません。

最大SL50pipsで
最大20ポジションで運用。
ドローダウンの期間も短く
理想的な右肩上がりの
損益曲線を描いていますね。
フォワードにおける獲得Pipsを見てみましょう


2019年は+2846pips
2020年は+2898pips獲得。
フォワードからの推奨証拠金は
100万円となっている。

Premia_Scal_USDJPY_M1公式ページはこちらから

 

 

0.1ロットでの最大DDと推奨証拠金を比較

Premia_Scal_USDJPY_M1
17年のバックテストを参照とすると

0.1ロットあたり

最大DD 34万円
年間取引回数 945回
年間平均利益額 28万円
勝率 87%

推奨証拠金は

(4.520)+(342)=158万円

推奨証拠金における
期待年利は18%となりました。

フォワード開始の
直近5年を参照とすると
年間平均利益額は
36万円まであがり
推奨証拠金は140万円で
期待年利は26%になる。

Premia_Scal_USDJPY_M1公式ページはこちらから

 

まとめ

日本時間の早朝にエントリーするUSD/JPYのM1のスキャルピングです

Premia_Scal_USDJPY_M1
年間1000回程度の取引回数で
年間平均2800~3600Pipsも
獲得できる見込みがある。
0.1ロットあたりの
推奨証拠金は140万円で
年間利益28万円見込める。
ポートフォリオに加えると
収益の柱になる可能性が高い。
気になる方は
ご検討されてみてはどうでしょうか?

Premia_Scal_USDJPY_M1公式ページはこちらから

 

 

 

複数EAで運用しているならキャッシュバックをもらおう

複数EAで運用しているなら
キャッシュバックサイト
TariTali(タリタリ)を利用すると
取引するたびにお金がもらえる。

AXIORYスタンダード口座開設して
30個のEAで運用して
各EAが1日1回取引。
1万通貨で運用した場合の
年間キャッシュバック額は
な、なんと18.3万円!

EA運用益だけでなく
キャッシュバックも狙えて
ダブルでお金を残せる可能性が高まる。

複数EAで運用されるなら
キャッシュバックをもらえる
TariTali(タリタリ)をご利用してください!

TariTali(タリタリ)公式ページはこちらから

 


TOMO

コメントを残す